欲しいもの

2016年2月12日 (金)

1/2スケールと1/10スケールのタチコマ開発のニュース

先日、TLにこんなニュースが流れてきました。

動画:攻殻機動隊REALIZE タチコマ 1/2スケール開発中、発話/歩行/走行/シーン再現。開発者が見据えるロボットのいる世界 - Engadget Japanese

攻殻機動隊 REALIZE PROJECTのイベントにおいて、海内工業とkarakuri productsが多脚戦車 タチコマ 1/2スケールを披露しました。コミュニケーションロボットの実社会での活躍を想定したプロジェクトとなります。


速報:Cerevo、攻殻機動隊「タチコマ」翌冬発売、1/10スケールでスマホ連携。海内工業 × karakuri の1/2スケール進行中(更新) - Engadget Japanese

Cerevoは、アニメ「攻殻機動隊」の小型多脚戦車「タチコマ」の開発に着手すると発表しました。発売は翌冬。今回はあくまでも開発表明。1/10スケールで、PSYCHO-PASSの特殊拳銃 ドミネーター同様にスマートフォンと連携する計画。自立歩行または車輪による走行機能を搭載する模様。


どちらも楽しみすぎるんですが、特に1/10スケールの方は発売される商品となるようで、価格や機能がどうなるのかが非常に気になります。スマホとの連携で動かせたり、玉川さんの声で喋ってくれたりするんでしょうか。光学迷彩やチェーンガン、ワイヤーまではムリでしょうね(当然)。来年の冬に発売予定ということらしいですが、これは今から購入資金を貯めておけ、という事なんでしょうか。

価格に関しては、


Cerevoの岩佐社長は、1万円以下のプラモデルのようなものではないとしており、ドミネーター同様に10万円を切る価格を想定しているようです。


高くても10万円か…うん、それくらいなら無理すればなんとかなる、かなあ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

リアル「ジュラルミン」発売

今日は何の日かと聞かれれば、よつばと!13巻の発売日と応える人が多いであろう、そんな日。ワタシの手元には残念ながらまだ届いていません。なぜだ。




い、田舎だからか。ぐむむむ。

閑話休題。ええと、昨日あずまきよひこさんからこんなツイートがありました。




おおお、手を挙げているポーズがまんま作中のジュラルミンじゃないか。こ、これは…

Steiff x よつばと! 世界一のテディベアメーカーが贈る、「本物」のジュラルミンが出来ました。

わざわざ型から起こしたというだけあって、漫画の中から抜けだしたかのような出来栄え。グロウラー内臓で原作通りに鳴くのも素晴らしい(笑

気になる価格は¥42,000。うーん、ものは素晴らしい出来なんでしょうがなかなか簡単に手が出せない値段ですね…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

IK Multimediaから「iRig Acoustic」発売

久々にアコギ関連で欲しいものが。これ、多分買うと思います。


アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」 : ギズモード・ジャパン

iPhoneやiPad向けのDTM製品を多数発売しているIK Multimediaから、新製品「iRig Acoustic」が発売されました。この製品、アコースティックギターやウクレレのサウンドホールにクリップで留めるだけで、録音ができるマイクです。


サウンドホールの縁に引っ掛けてiOSデバイスに接続するだけで高品質な録音が可能、というデバイスのようです。市場予想価格が7000円とリーズナブルなのはいいんですが、問題は音ですね。公式サイトの説明によればピエゾのような振動を拾うピックアップじゃなくて、あくまでもマイクのようですね。となると音質は期待できそうでしょうか。マイクがティアドロップのピックを模した形になっているのもいいアイディアだと思います。

ピックアップが付いていないアコギの録音は面倒なんですが、これがあれば解決しそうですね。実物を試してから購入したいところですが、新潟でそれができるかが問題だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

YAMAHA サイレントギターが5年ぶりのモデルチェンジ

欲しいギターの一つである、YAMAHAのサイレントギターがモデルチェンジしたようです。


YAMAHA/Line 6 新製品 記者発表会レポート|特集【デジマート・マガジン】

2001年に誕生し、練習用としてだけでなくステージでも使えるギターとして世界中から好評を得ているYAMAHAのサイレントギター。この日、5年ぶりのフル・モデルチェンジとなる「SLG200S」、「SLG200N」が発表された。最大の進化は、新開発のSRTパワード・ピックアップを搭載している点だ。スタジオでレコーディングされたサウンドを再現するためのシステムで、まるでハイエンド・マイクを使って実際に録音したかのような、ボディの響きや空気感をも再現。


ここ最近はモデルチェンジしていない印象がありましたが、モデルチェンジは5年ぶりでしたか。あんまり変えるところはなさそうだけど…と思ったら意外と変わっていて驚きました。


SLG200S - サイレントギター™ - ヤマハ株式会社

・SRTパワードピックアップシステム搭載
・低音弦側フレームの脱着構造によりコンパクトに収納
・優れた静粛性(一般的なアコースティックギターの約18%の音量)
・斬新且つ独創的なデザイン
・エレキギターのようなスリムなボディ形状
・チューナーを追加。機能性・演奏性が向上


今回の目玉は2点、SRTパワードピックアップとチューナーの搭載でしょうか。

SRTパワードピックアップとは

レコーディングスタジオで、プロのアーティストが厳選された高音質マイクでレコーディングするかのような、アコースティックギターサウンドを表現出来ます。

とのことなんですが、具体的な記述があまりありません。解説されているページで実際に音を聴いてみると一目瞭然ですが、ピエゾだけの音とは雲泥の差があります。

コントロール部の画像を見ると、

srt_powered_pick_up.png
※画像は公式サイトより拝借

ピックアップとMICをブレンドできるツマミがありますね。L.R.Baggsのシステムのようになっているんでしょうか。そしてチューナーが追加されたのは嬉しい点。むしろ今まで何で付いていなかったのかと思うくらいです。Z0-3にだって付いてるのに…

発売は8月から(サンバースト、ブラックは10月から)、という事でまだ結構先ですね。買わないけど、試奏は是非してみたい。買わないけど。買わないけど。この手のギターは部屋の温度や湿度を気にしなくていいので、ハンドリングが楽なんですよねー。いいなあ…


自然で空気感豊かなアコースティックギターサウンドを追求 ヤマハ サイレントギター『SLG200S』『SLG200N』 - ニュースリリース - ヤマハ株式会社


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

ギターペダル型ドラムマシン「BeatBuddy」

世界初のギターペダル型のドラムマシン BeatBuddy | Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

Singular Sound(シングラー・サウンド)が、思い通りのタイミングでフィルイン、パターンチェンジ、シンバルのアクセント、ブレイクをハンズフリーで足元から操作できる。ライブ感溢れるリアルビートをプレイしてくれる感覚直結型のドラムマシン「BeatBuddy(ビートバディー)」を発売します。


¥


ドラムマシンはいろいろな種類がリリースされていますが、エフェクターと同じペダル型、というのはあまりない気がします。でも、ギタリストをターゲットにしているのであれば足で操作できるという点はポイントが高いと思います。また、オプションのフットスイッチを接続するとタップテンポ入力、ブレイク、シンバルが使えるというのも気が利いている、というかそこまで行くともう「ギタリスト兼ドラマー」みたいな感じになってる気も。

この手の機器はPCと連携できて、PCで編集したファイルを戻すことができるのも最近の機器としては必須ですね。

SINGULAR SOUND | BeatBuddy | 製品情報 | 株式会社オールアクセス


価格は¥37,000で、想像してたよりは少し高め。実物をちょっと見てみたい感じですね。新潟の島村楽器でも入荷するのかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

「Gibson Custom Collector’s Choice #29 Tamio Okuda 1959 Les Paul」発売

色んな意味で絶対に買えないと分かってはいるんですがブログに書くならタダですから、という物欲放出エントリ。

奥田民生がレコーディングやライブでかねてから使用している1959年製Gibson LespaulがCollector’s Choiceシリーズとして発売されるようです。前回の奥田民生モデルとして発売されたビグスビー付のレスポールスペシャルも良かったし、斉藤和義モデルとして発売された黒のKS-330も良かったですよね。ああ、アーティストモデルってとっても惹かれる。宝くじさえ(ry


ギブソン・カスタム、奥田民生が所有する1959年製レス・ポールを徹底再現 | 奥田民生 | BARKS音楽ニュース

ギブソン・カスタムから、奥田民生の所有する1959年製レス・ポール9-1165を徹底再現した「Gibson Custom Collector’s Choice #29 Tamio Okuda 1959 Les Paul」が発売される。
この1959年製レス・ポールは、ギターマニアなら知る人ぞ知る大変貴重なモデル。本物のモデルなら、状態によっては数千万円もの値がつくものだ。


購入した金額は民生自身は当時、「クルマ1台分くらいの値段」とインタビューか何かで言っていたようですね。今ならその価格ではとうてい無理ですが…


Gibson Custom Shop Collector's Choice #29 Tamio Okuda 1959 L :gib-59cc29asbnh1:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器 - 通販 - Yahoo!ショッピング

Gibson Custom Shop Collector's Choice #29 Tamio Okuda 1959 L :gib-59cc29vsbnh1:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器 - 通販 - Yahoo!ショッピング


これ、実物見てみたいけど見たら弾きたくなるだろうし、弾いたら絶対欲しくなるだろうし、という事で見ないほうが身のためだと強く思います。分かっているんです、ええ。買える人が心の底から羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

ポータブルラジオを検討中

「欲しいもの」カテゴリに入れてますがワタシが欲しいわけではありません。

ある日のこと、義母が「またラジオが壊れた」とボヤいておりました。ご飯を作っている時にラジオをBGM代わりに流しているらしいんですが、そのラジオが壊れたということらしい。今購入したラジオも近隣の某量販店で探してもらって、倉庫の中にやっと1つだけあったものらしい。いや、そんなに探すのに苦労してるなら一言言ってくれればネットで買ったのに…

これが自分の親なら使い古しのiPhoneにRadikoのアプリでも入れて渡して適当に説明して、で済ませるところですがさすがにそんな乱暴な訳にもいかずちょっと調べてみることに。

そうして検索して出てきたのはこんなの。


ワンセグ付きでIPX6防水。確かにキッチンで使うことを考えれば防水であるに越したことはないかな。TVは不要、というかもしれないけどこれで4,000円弱というのはそう高くないと思うんだけど…まずは本人に希望を確認してみてかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

スープジャー検討中

お昼ごはんを軽目に済ませるようになってから数年が経過してます。
きっかけは加齢とともに消化能力が落ちてきたのか1日3食きっちり食べることが段々と内蔵に負担になるようになったから。それで朝は普通に、昼と夜はできるだけ軽目(夜はできないことも多し)、という食事のスタイルを続けているんですがここに来て困ったことに。

先日の位の不調の際に医師からこんなことを言われました。「お腹に随分ガスが溜まっている。乳製品はガスを溜めやすいので控えるように。」と。思い当たる節がなくもない。お昼を軽く済ませるべくタッパーウェアにヨーグルト、という昼食が多かったんですよ。週に5日近くもそんな食事してればガスが溜まり気味になっても仕方ないか……と考えてとりあえずヨーグルトをやめました。

軽目の昼食って何があるだろう、と思い悩むことしきり。果物なんかいいんでしょうけど、あいにく果物アレルギーで食べられる果物の種類は多くない。外食は健康にもオサイフにも優しくないし、何より勤務地が外食店に恵まれていない立地。うーん、と悩んでいたらツマが一言。

「スープジャーにスープ入れて持って行けば?」

おお、それは名案かも。調べてみるとランチジャーとかスープジャーとかフードコンテナとか各社によって呼び名は微妙に違うようですが保温できてスープ状のものを入れられるという点では全く同じ商品がTHERMOS、象印、タイガーなどから発売されている模様。肝心の保温性能面でもそんなに差がないみたい。とすると後は容量で選べばいいんだろうか。

朝、お湯と材料をスープジャーに突っ込んでおけばお昼には食べごろになっているスープジャー用のレシピもググればそれなりに出てくるみたいだし、これは結構いいかも。お汁粉とか美味しそうじゃないですか(健康はどこに行った…)。季節は冬で温かいものに飢えてるし、年齢的にも冷え性で体を冷やしたくなかったりするし。朝は比較的早起きしているので昼食の準備くらいならする時間はあるし、それでも余裕がなければ材料だけでも前の晩に準備しておけば何とかなりそう。ただ、食洗機に使えないらしくそれがちょっと嫌かなあ。手で洗えばいいだけだし、開口部も大きめだからステンレスボトルと比較してそれほど面倒ではなさそうなんだけど、できれば他のものと一緒に洗いたいよなあ。

ということで前向きに検討中です、はい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

島村楽器で写真入りのオリジナルピックオーダーサービス

お気に入りの写真でオリジナルピックを作ろう!オーダーピック オーダー編 - 島村楽器公式ブログ


オリジナルピックを作れるサービスは結構前からあった気がしますが、写真をピックにできるというのはなかなか画期的だと思います。ワタシも高校生の時に古くなって要らなくなった定規を削ってピックを作ったことがあります。何で定規か、というと理由は2つ。好きなギタリストも子供の頃そうしたことがあった、というのと厚みのある定規をカットすると市販のピックでは得られないような固さのゴリゴリなピックができるから。あの頃こんなサービスがあれば、と若干思いますが……お金なかったから使ってないか。


picturepick.png
※画像は島村楽器公式ブログより拝借


おお、結構綺麗にできますね。形がトライアングル、ティアドロップ、ハートの3種類から選べるのもいい。ハート型のピックって見たことありませんが、もしかして今は使う人多いんでしょうか。ワタシはサムピックを使ってるのでそれも選べたらよかったのになあ。それと、硬さが選べるのかどうかが気になるところですね。

プロじゃなくても何かの記念に写真入りのピックを作ったりするのは楽しそうですし、ギタリストの知り合いにちょっとしたプレゼント、というのもありかもしれません。

順次全店で取り扱いする、ということなのでその内新潟でもできるようになったらちょっと試してみたい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

秋のローソンリラックマフェア、始まる

春のリラックマフェアが終わったと思ったらもう秋のリラックマフェアの季節ですよ、奥さん!


ローソン×リラックマ秋フェア、もれなくもらえるプレゼントも。 | Narinari.com

ローソンは9月2日から、「秋のリラックマフェア」を全国の店舗(ローソンストア100・ローソンマート・一部店舗除く)で実施する。今回のキャンペーンは、もれなくもらえるプレゼントをはじめ、さまざまな企画を実施。リラックマ秋の新テーマ「のんびりネコテーマ」に合わせ、キャンペーンビジュアルとして各種店頭販促物や一部景品などにデザインされる。


コリラックマリラックマはいくらむしり取れば気が済むというのか……
今回もれなく貰えるのはコリラックマのパスタプレート。先回は争奪戦に敗れてコリラックマどんぶりをもらえなかったので、今回もらえるとキイロイトリのプレート、リラックマどんぶり、そしてコリラックマパスタプレートと一応揃うことになります。サイズと種類がまちまちですが、そこは気にしないということで。

Ponta会員限定のコースとして、期間内に2500ポイント貯めるとリラックマ・コリラックマ・キイロイトリのパスタプレートセットが貰えるようです。画像では皿の裏面のデザインが3種類とも異なっていて、リラックマが串だんご、コリラックマがいちご、キイロイトリがハタキとキャラクターがキチンと反映(?)されたものになっています。が、Pontaポイントというのは原則100円で1ポイント(イロイロ他にもあるらしいけど)なので2500ポイントというと……早々にあきらめました。うん、むしろこれくらい目標数字が高いと中途半端に頑張ろうという気が起きなくていいかもしれません(笑


公式サイト:秋のリラックマフェア|ローソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧