住宅

2016年3月21日 (月)

キッチンの混合水栓を自分で交換してみた

昨年末にキッチンの混合水栓が駄目になっていたので交換しました。


施工完了。


ハンドシャワー型の水栓だったのですが、差し込み口にガタが来ていて水栓部を差し込んでもキチンと固定されずにすぐに外れてしまって非常にストレスが溜まる状態でした。すぐに交換すれば良いのに「使えるからいいや」と数年放置してましたがようやく重い腰を上げた次第です(深く反省

毎日使う部分ではありますが、ノズル部が引き出せる「ハンドシャワータイプ」である点以外は特にこだわりもないのでTOTOの商品をサクッと発注。ついでに水栓を外すための工具等も一緒に発注。


いろいろ届いたー。


自分で交換するか業者さんにお願いするか、と多少迷ったんですが年内にどうしても終わらせたかったのと調べたら比較的簡単そうだったので自分で交換することにしました。交換作業自体は1時間から1.5時間位だったかな?「水栓 交換」などでググればいくらでも出てくると思うのでスルーしますが、特に大きな問題もなく終了しました。交換作業よりも、むしろ準備(下調べ)の方に時間がかかった気がします。ウチのキッチンは旧松下電工製で、現在の一般的なシステムキッチンと水栓の加工穴の経が異なるので変換するための金具が必要だったり外すための手順や工具を調べる必要があったり、古い混合水栓が他社のOEMだったんですが元の会社も経営元が変わっていたり、とか。

ビルトインガスコンロも交換したし、これであと10数年は戦える、のかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

「ルックお風呂の防かび燻煙剤」を使ってみた

image
Amazonで購入。


お風呂掃除が少しでも楽になれば、という事で購入してみました。年末でちょうどお風呂も大掃除してキレイにするし、その後でこれを使えばそのままの状態でキープできるのかしら、という期待を抱いて。

image
今回は3個パックを購入しました。下部の破線のところまで水を入れます。多すぎても少なすぎても駄目な様子。1〜2ヶ月って結構幅があるよな…日付が記入できるようになっているのはいいですね。


image

水を入れた容器に本体をセット。


image

フタを閉めます。


image

ほどなく、煙がモウモウと出始めます。


このあと、換気扇などは回さずに一時間半以上放置しろと、とあります。そしてその後で十分に換気。換気だけで水洗いする必要が無い、というのはラクです。

実際に身近で使った方の声も「掃除が少し楽になる印象」という事なので、個人的には結構期待しています。毎年、大掃除の時に「普段からキレイにしておいたほうが楽」というのを身を持って感じていて、ここ数年でトイレは多少なりとも実践できていると思うのでお風呂もコレでそうなるかどうか。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

バスマット「SUSU」購入

DSC06675.JPG
ヨドバシ・ドット・コムで購入。

ウチのバスマットはかなり前から限界を迎えていて、拭いても拭かなくても(乗っても乗らなくても)あまり変わらないという状態になっていました。いつどこから貰ったのかすら記憶の彼方に消えてしまった貰い物のバスマットを使っていたんですが、さすがにもういいだろうと観念して購入。拭いたつもりでそのままズカズカと歩いて行ってフローリングがベタベタになるのもこれでおさらば、となる予定。

サイズはS・M・Lの3サイズ。それぞれ36cm✕50cm、45cm✕60cm、50cm✕80cmとなっていますが、今回はLをチョイス。色はさしてこだわりはないんですが、消去法でベージュに。ピンクとはバイオレットはさすがにガラじゃないですし。


DSC06677.JPG

こうやってマクロレンズで接写してみると何か新種の細胞に見えなくもない、ような。


マイクロファイバー製で吸水性がいい、というのが特徴の製品です。写真のように毛足が長いので、土踏まずの部分もしっかりと拭きとってくれるのは素晴らしいですね。大人数の家族で使用しても最後までサラサラ感が持続する、らしいんですがウチでは人数的にそれは実証できず。今のところは家族の評判も良好です。

メーカーのサイトを見ていると、これをそのまま球状にした「お手拭ボール」というものも存在するらしい。形状からするとどうせならスタジオジブリとコラボしてマックロクロスケお手拭ボールを発売してくれたらいいのに、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

トイレスタンプクリーナー

image
トイレ掃除の手間が少しでも楽になるならいいかな、と思ってホームセンターで購入してみました。


image

どういう商品化というと、こういう筒状の器具にジェル剤が封入されていて、


image

蓋を外して便器内部に押し付け、1段筒を押しこむことでジェル剤が「むにゅっ」という感触があり、


image

こんな感じに貼り付けられます。どんな硬さなのか触ってみたい気もしますが、さすがにそれは断念。


HPによれば用を足して水を流す度にこのジェルが少しずつ溶けていって、洗浄・防汚効果が期待できるという製品です。確かに、掃除せずに放置しておいても水が流れる場所につく黒い筋のような汚れは付きにくい気がします。ただし、全ての汚れをシャットアウトしてくれるかというとそうではなく、掃除の手間が少し楽になる、という程度だと思っていたほうがいいかもしれません。「ジェルからいい香りがする」らしいんですが、花粉症で鼻が効かないためその辺りは今のワタシには判断がつかず。


image

パッケージには「1回のスタンプで1週間分」と記載されていましたが、我が家の2Fのトイレ(ワタシとツマのみ使用)だと2週間経過してもこれくらい残っていました。このくらいのコストでトイレ掃除の手間が少し減るなら、個人的にはアリだと思います。


ちなみに今回は全てiPhone6+で撮影しましたが、「ここで絶対にiPhoneを落としてはいけない」と思うと手が震えてくるのは何なんでしょうね。プレッシャーに弱いにも程があります。サッカーでPK蹴ったら絶対GKの正面に行くか枠を外すタイプだなあ。その前に蹴らせてもらえないか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

スノーダンプ(大)購入

これも便乗エントリ。

image
近所のホームセンターで購入。何の変哲もないスノーダンプだ。だが、それがいい(違

ポリカーボネート製のものもあったんですが、従来のポリエチレン製のものをチョイス。軽さと丈夫さが売りらしいですが、重さは持ってみても違いがわ分からなかったし、今までポリエチレン製のものを15年以上使ってても割れたりしてませんし。

スノーダンプの小サイズは持ってるんですよね。なので、今回は買い足しです。購入に至った理由は2つ。ツマと2人で雪かきをする時にもう1つあるといいのにな、と思うことも多いというのが一つ。もう一つは、腰への負担を考えて。一度、雪かきで腰を痛めてからは雪かきをする度に若干の恐怖を感じつつ雪かきをするようになりました。以前もブログで書きましたが、スノーダンプで雪を運ぶ際の前傾姿勢がワタシの腰には良くないようです。小から大になることで一度に運ぶ雪の量は増え、トータルで往復する時間は少なくて済むのでこちらの方が腰にかかる負担は軽そうかな、というのが2つ目の理由。

ちなみにクマデジタルさんはスノーダンプ(小)を購入された模様です。

しかしこういった道具は買った途端に雪が降らなくなる、というのがどうもジンクスのようで購入以来活躍したのはたった一度だけ。もちろん、出番がなくたって何の不満もありません。もし新しくスノーダンプを買うことで雪が降らなくなるのなら毎月購入したっていいくらいです、いやホントに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

「マーナ 掃除の達人 すみずみ消しゴム」購入

DSC06389.JPG
昨年末の大掃除で購入したものシリーズ第二弾。

消しゴムで材質は合成ゴムとなっていますが、ゴムというよりはむしろほぼ石に近いような硬質のもので、磨く場所によっては傷が付かないとは限らないので使う際は目立たない場所でテストした方がいいと思います。

当初は浴室の目地のカビを落とすつもりで購入したんですが、そっちはカビキラーで十分対応できてしまったので、トイレで使うことに。写真は諸事情により割愛しますが、便器にこびりついてしまってブラシでも洗剤でも何をやっても落ちなかった汚れを落とすのにチャレンジ。

汚れの部分に消しゴムを押し当てて動かすと、ゴリゴリという感じで汚れが少しずつ落ちていきます。音も感触も、消しゴムというよりはヤスリに近い感触ですね。消すのではなく、削る、という表現が近いように思います。根気よくこすっていくと汚れも目立たないようになりました。近くで見れば若干キズがあるような気もしますが、この傷がわかるほどに便器に顔を近づける機会はそうはないはずなのでヨシとしたいと思います。

失敗したと思ったのはケース付きにしておけば良かったかな、という事。トイレで使った後だといくら洗ったとしても何となく剥きだしで収納しておくことにやや抵抗を感じました。ケース付きだったらそのへんはクリアできたかなあ、と。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

「きらりあ 蛇口まわりのクリーナー」購入

DSC06393.JPG
年末の大掃除用に購入。クマデジさんがブログで紹介されていたので、「あ、いいかも」と思い釣られてポチッと。毎年、お風呂の掃除は「なんとなく」で済ませていたんですが今年はもう少しキチンとしようか、というのもありまして(いい加減


image

使用前。あらためて見ると……うーんあまりキレイではない(控えめな表現


image

使用後。まだちょっと取り切れていなかったので、この後もう少し磨きました。


ウチのユニットバスはTOTOじゃないけど、まあいいよね…キレイになったし。

使い方は簡単で、付属のスポンジに染み込ませて磨くだけ。磨いている間はどのくらいキレイになったのか分からにくいので、時々洗い流して様子を見つつという使い方になりました。今年の年末はきっともう少しは楽になることでしょう。いや、クマデジさんも書いている通り普段からある程度やっておいたほうがラクなんですよね、間違いなく。

取り立ててエントリにしてませんが、今年のテーマは自分の身体も部屋も「いい状態」をキープすること。どのくらい守れるか(守れないか)、乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

アイリスオーヤマ伸縮多機能物干し購入

DSC06241.JPG
Amazonで購入。

冬が来ると洗濯物を乾かすのも一苦労になります。冬以外の季節は洗濯物は空いている部屋で干していてそれで十分乾くんですが、この時期になると室温と湿度の関係でまるでダメ。で、冬の間のみリビングに洗濯物を干すことが多いんですが、折りたたみできてそこそこの量が干せる物干しが以前から欲しかったんですね。価格がお手軽だったのと、幅が97〜150cm、高さが122〜160cmで可変、というのが何気に気に入りました。バスローブとか干す時にこのくらいの高さがないと床に付いちゃうんですよね…それと脚部がX状にクロスしてるタイプじゃなかったのが決め手でしょうか。


DSC06245.JPG

中身。

ちなみに諸事情により完成写真はなし。画像検索で御覧ください。


これで暖房を入れた部屋で乾かして、乾いたら物干しはさっと畳んで片付ける、という事が可能に。来客がある家でもないので出しっぱなしにしておく、という選択肢もあるんですがさすがにこの大きさだと部屋も狭くなるので面倒でも極力片付けるようにしてます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

溝さらい用にミニスコップ購入

image

この時期の憂鬱な行事といえば町内会の清掃です。

草刈りと溝さらいを行うんですが、男性は溝さらいを担当することが多いです。もう若くはないんですが、若い方が少ない田舎の悲しさかこんな年齢でも若手扱い(涙)で力仕事はこちらに回ってきます。

溝さらえが欲しかったんですが、あいにくいつも行くホームセンターに売ってなかったので妥協してミニスコップを買ってみました。アルミ製の軽量のものだと価格が倍くらいするんですが、年に1度しか使わないのでそこは潔く妥協。そして、結果的に少なくとも今年は溝さらえではなくこちらで正解でしたね。

ここのところ雨が少なかったので、排水溝の中のドブも固まっていて、溝さらえではちょっとやりにくそうでしたがこのスコップなら楽勝でした。



っていうかAmazonで入手できるんなら来年までにそっちで買います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

ムカデ対策、2014年版

ワタシの中では夏のライバルと位置付けられているムカデですが、ツマがつい先日、我が家の脱衣場にて今シーズン初のムカデ討伐に成功しました。成功した、というよりもなんとか生き延びた、という方が正しい描写のようです。

さすがに寒い冬の間はこうした害虫も全く姿を見せないんですが、こうやって家の中で遭遇するようになると春の訪れを実感したりもします。花粉症と同様に、こちらも春の訪れを知らせる使者としては不適格なことこの上ありませんが。

そんな我家のオンシーズンのムカデなどの対策としては、ホームセンター等で売っている粉状の忌避剤を住宅の周りに散布する、という比較的オーソドックスなもの(だよね?)白い粉を住宅の外周部に沿って均等に散布するのは意外と面倒で、もっとラクな方法はないのかといつも思っていました。グラウンドに白線を引く時に使うコロコロ(ライン引き、と言うのかな。正式名称は不明。)だったらどうだろう、とか思って少しググってみたらこんなのが見つかった。



安い!
安物買いの何とかになりそうな気配がビンビンしますが、このくらいの価格なら別にブログ1回分のネタ代と思えばいいんじゃないのか、という気もする(不謹慎

そして中にいれる殺虫剤はこれでどうだろう。



なんだか、専用の散粉器というのまで存在するらしい。うーん、結構なお値段がしますね。



魔法使いでも連れてきて家の周りに結界を張ったほうがはるかにラクな気もしますが、残念ながらそういう知り合いはいないのでこのままだと地道に労働することになりそうな感じ。誰か魔法使い知りませんか…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧