2016年4月 6日 (水)

荒川弘「百姓貴族」4巻 購入

kindle版を購入。

例によって農業従事者ならではの視点、経験がなければ決して描きえなかったであろうエピソードが満載です。ですが、今回「そうそう!」と個人的にツボだったのは百人一首に関してのエピソード。

この巻にも書かれていますが、実家では

・木製の百人一首

・下の句を読む

というルールでの百人一首をやっていました。でもこれって北海道ローカルなんでしょうか?確かに新潟に来てからは百人一首なんてやってないし、今後もやる機会はないだろうしな…
冬、それも小学生くらいの年齢の頃のお正月にしかした記憶がない百人一首ですが、何か読んでいて非常に懐かしく感じました。それにしても現在の一般家庭でも百人一首したりするんだろうか…?

あとは食糧不足のために火星移住する話が好きです、現実味があるかどうかは置いといて(笑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

「パタリロ!」連載終了へ

と言っても作品が終わるわけではなくて、Webでの掲載に移行するらしい。っていうかまだ終わっていないことの方に驚きを隠せません。


パタリロ!:38年の雑誌連載に幕 ウェブマンガに移行 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

テレビアニメ化もされ、独創的な「クックロビン音頭」などで人気を博した魔夜峰央(まや・みねお)さんのマンガ「パタリロ!」が、38年にわたる紙の雑誌媒体での連載に幕を下ろし、ウェブマンガに移行することが明らかになった。白泉社のウェブマンガサイト「花LaLa online」へ移籍し、春からスタートする予定。


「パタリロ!」は小学生くらいの頃にアニメ放送されていたと記憶していますが、いま読み返してみると今だったら絶対アニメ化なんて無理だな、と思うような内容ですね(笑

実は「パタリロ!」は結構好きで、単行本も50巻くらいまではコンプリートしています。なんだか途中から絵柄に馴染めなくなってしまって収集をやめてしまっています。「あさりちゃん」とか「こちら葛飾区亀有公園前派出所」とか、連載期間が数十年に渡るものは絵柄が時代とともに変わっていく、というのはある程度避けられないんでしょうね。Webで掲載されるのならまた読んでみようかなあ、と思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

伊坂幸太郎「チルドレン」読了

Kindle版がセールで安くなってたので思わず購入。

5つの短編で構成される本ですが、登場人物は共通していて(時代が若干前後する)同じ世界(と言ってもファンタジーじゃなく現代小説ですが)の中で展開する話です。この作品はどちらかと言うと「アイネクライネナハトムジーク」に通じる、ハートウォーミングな方の話で、殺伐とした話がキライな方でも安心して読めるのではないかと。

登場人物の一人である「陣内」が面白すぎて、彼一人だけでスピンアウトものが書けるのでは、と一瞬思いましたがあれはやはり振り回される周囲の人とワンセットで描かれるから面白いんでしょうね。こういう人、いそうだよなあと思うものの身近にいてほしくはない、そんなタイプのヒトです。

「伊坂幸太郎 チルドレン」でググると上から3番めに出てくるサイトにこんなサイトがあって、読んだばかりだというのにもう1回小説を読み直したくなりました。


伊坂幸太郎のチルドレンに登場する名言30のまとめ | ワライ荘 : 0.3秒ぐらい笑いそうになるブログ


一番最後の「熊が殴る分にはいいだろ?」が好きです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

「GIANT KILLING」38巻 購入

届いてたー。
ヨドバシ・ドット・コムで購入。

A代表での話が続きます。練習からウルグアイ戦に入るんですが、まだこの試合が続きそうな感じ。なかなかETUに話が戻りませんね…ちょうど現実でもU-23代表がリオデジャネイロオリンピック出場を決めたばかりで、U-23代表の面々がフル代表に入り込んでいく、というのは現実とリンクしている感じではあります。っていうか、もたもたしていると現実のオリンピックが先に終わりそうな勢いですが。まだ1シーズン目の途中、だというのはきっと気のせいだと思います…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

西原理恵子「ダーリンは70歳」購入

これも届いてたー。
ヨドバシ・ドット・コムで購入。


以前エントリにしましたが、1年近く経過してようやく単行本となりました。高須克弥さん(70歳)と西原理恵子さん(50歳)の二人のお話です。ちょっとグッと来る「いい話」とまたかと思う「下品な話」がちょうど半々くらい?の絶妙なハイブリッドサイバラワールド。整形の話とか、ライバル医師を潰した話とか多分高須さんご本人は語らないと思うので気になる方はぜひ漫画でどうぞ、という感じですね。

終わったのかと思いきや、帯の下には「ビッグコミックスペリオール連載中」の文字が。まだ連載中だったんですね…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

ゆうきまさみ「白暮のクロニクル」7巻 購入

Kindle版を購入。紙より1ヶ月遅れですね。小学館もそろそろ同時発売にならないかなあ…

今回は話が大きく進みます。3巻〜5巻までは少し「羊殺し」から離れたエピソードでしたが、6巻からまた本題(?)に戻り、今巻は「羊殺し」を扱おうとする映画と目覚めた少年の話になります。終わり方からしてもなんだかちょっと続きを読むのが怖いような感じではありますね。作者によれば「今回はそんなに長くならない」とのことなので、終わりに向かっているのは確かなのかもしれません。

なんだか表紙の雪村魁の服装がどんどんオシャレになっていってますね。映画やドラマと違って漫画の場合は自分がスタイリストでもあるわけで、こういう分野(ファッション)が苦手な人は大変なんだろうなあ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」15巻・16巻購入

今年は4日から仕事なので、なんだか仕事の足音が少しずつ近づいているような気がして少しだけ落ち着かない感じになります。今年もボチボチですが、スイッチ入れていかないといけませんね…

さて、ガンダム THE ORIGINのKindle版です。購入したのは年末(確か12月26日)だった気がします。やっぱり電子書籍はお風呂でも寝室でも旅先でも手軽に持って行けるのは手軽でよいです。毎度毎度書籍とKindle版でダブル購入するわけにもいかないので、既に書籍で持っているものに関してはKindle版は購入しない、というルールは今後はキチンと守るつもり。

アニメ劇中の名セリフはTHE ORIGIN内でも再現度が高いのが特徴ですが、マ・クベの「あと10年は戦える!」の台詞が入ってないのが個人的には残念です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

井上純一「中国嫁日記 5巻」購入

届いたー。
とらのあなで購入。いつものようにヨドバシ・ドット・コムかAmazonで、と思ったんですがとらのあなの購入特典漫画が読みたかったのでそちらで。左側に見えているのがそうです。


今回は会社の共同経営者であるK水さんとのトラブルのエピソードがメインです。断腸の思いで描いているのがひしひしと伝わってくる、なんとも重苦しいエピソードです。それでもなんとかやってこれているのはひとえに月さんの献身、夫婦の絆の強さのおかげ、というなんとも「もげろ」的な言葉しか思い浮かびません、ええ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

「攻殻機動隊ARISE」6巻 購入

Kindle版を購入。

映像化されている作品のborder:4に相当する内容、だと思います。映像を見てから数ヶ月経過しているのでややうろ覚えですが、バトーが最後に少佐の水着姿に期待してる辺りは同じ展開ですね。いつも思いますが、こういう前日譚って本編へ破綻なく繋がるようにしないといけないのでストーリーや設定を考えるのは大変だろうなあ、と。

完結するのかと思いきや、最後に「TO BE CONTINUED」になっているのでまだ続く、ということですよね。内容はどうなるんだろう…どうせならタチコマ配属までやってみてほしいです(願望


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

二ノ宮知子「七つ屋志のぶの宝石匣 2巻」購入

Kindle版を購入。

「87Clockers」と異なり、こちらは年に1回単行本が出る、というペースのようですね。そういえばこの時期の風物詩になっている「リアル」と「バガボンド」はどうしたんだろう、と思って検索してみたらまだのようでした。早く出ろ。

1巻と同様に宝石にまつわるエピソードが主人公達の周りで繰り広げられるんですが、それとともにほんの少しだけ、登場人物の過去が明らかにされていきます。そして同時に深まっていく謎。全体的にはいつもの二宮さんの漫画のトーンなんですが、時折サスペンス調の展開になるのがとてもハマります。早く続きを読ませてくれ、という感じで。

巻末のおまけ漫画(?)によれば、この作品のアイディアも「のだめカンタービレ」と同時期にあったようですね。音大生の話か質屋の話か、という二択で音大の話(後の「のだめカンタービレ」)になったようです。これものだめのように長く続く漫画となって欲しいと思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧