ギター・楽器

2015年11月20日 (金)

IK Multimediaから「iRig Acoustic」発売

久々にアコギ関連で欲しいものが。これ、多分買うと思います。


アコギの録音が捗ること間違いなし「iRig Acoustic」 : ギズモード・ジャパン

iPhoneやiPad向けのDTM製品を多数発売しているIK Multimediaから、新製品「iRig Acoustic」が発売されました。この製品、アコースティックギターやウクレレのサウンドホールにクリップで留めるだけで、録音ができるマイクです。


サウンドホールの縁に引っ掛けてiOSデバイスに接続するだけで高品質な録音が可能、というデバイスのようです。市場予想価格が7000円とリーズナブルなのはいいんですが、問題は音ですね。公式サイトの説明によればピエゾのような振動を拾うピックアップじゃなくて、あくまでもマイクのようですね。となると音質は期待できそうでしょうか。マイクがティアドロップのピックを模した形になっているのもいいアイディアだと思います。

ピックアップが付いていないアコギの録音は面倒なんですが、これがあれば解決しそうですね。実物を試してから購入したいところですが、新潟でそれができるかが問題だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

ZO-3スイッチ交換

DSC07291.JPG
FERSHOPで購入。

所有しているZO-3のスイッチですが、上部のナットが外れてしまってスイッチが固定されていない状態になってしまいました。

DSC07293.JPG
こんな感じですね。


外れたことに全く気が付かず、気付いたら外れていました。なので外れてしまったナットも見つからず。そこらのホームセンターで合うのがあるんじゃないか、と思って探してみたりもしましたが当然のように見つからず。メーカー(フェルナンデス)に問い合わせたらナット単体での販売はしていないが、スイッチ部をパーツとして800円くらいでの販売はしていて楽器店の窓口から購入できるとのこと。ああ、それならそっちで買おうか、でも楽器店で申し込むのは面倒臭いなあ、といつもの悪い癖が…

月日は流れて、それから8年。

そろそろ何とかしますか、と重い腰を上げるその前にこの時代だからさすがにもうネットで買えるんじゃないの、と思ってググってみたらヒットしたのが冒頭の店。取り寄せ手数料と送料はそれなり(合わせて2,500円程度)にかかるけど、時間と手間を買うと思えば納得出来ないこともない。

DSC07292.JPG
で届いたのが冒頭のスイッチ。


DSC07295.JPG

袋から出してみた。


DSC07296.JPG

これがまた固定しにくい。最初手で回していたんですが、早々に諦めました。


DSC07297.JPG

で、取り出したのがラチェットレンチのソケット部。


DSC07299.JPG

これでやっと固定出来ました。


一応動作確認を、と思って付属のACアダプターを探したらこれが一向に見つからない。ギター関係の小物はここ、と決めた場所に見当たらなくて他の場所も手当たり次第に探してはみたけど全く見当たらず、途方に暮れています。9Vの乾電池でも動作するんですが、残念ながら使用頻度が低く、保管している内に液漏れしてしまうので家には備蓄しないようにしたんですよね…

ということで動作確認はできてないものの、とりあえず作業終了とします。ま、ナット締めるだけだから大丈夫でしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

Marshall、スマートフォン「London」発売

Marshall、アンプのデザイン踏襲のAndroidスマートフォン「London」発売へ - ITmedia Mobile

アンプ、ヘッドフォンメーカーの英Marhsallは7月16日(現地時間)、音楽機能に特化したAndroidスマートフォン「London」を発表した。背面のテクスチャやスクロールボタン、付属のヘッドフォンジャックなどにアンプのデザインを反映させている。


へー、という感じ。デザインは確かにちょっと「Marshall」してますよね。デュアルヘッドフォンジャックを装着している、というのは面白いです。


ノイズリダクション付きのステレオマイクも搭載しており、高品質で演奏を録音でき、「Marshallのサウンドエンジニアがテスト段階で感動した」という。


音楽機能に特化していて音質が素晴らしい、というのは非常にいいと思うんですが、ワタシがMarshallに勝手に期待するのはやっぱりギターや同社のギターアンプとの接続・連携面です。LINE6なんかがそっちの方面では面白い製品を発売していますが、将来的にはもっとギターとスマホの連携で想像も付かないことをしてくれるんじゃないか、と勝手に期待しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

YAMAHA サイレントギターが5年ぶりのモデルチェンジ

欲しいギターの一つである、YAMAHAのサイレントギターがモデルチェンジしたようです。


YAMAHA/Line 6 新製品 記者発表会レポート|特集【デジマート・マガジン】

2001年に誕生し、練習用としてだけでなくステージでも使えるギターとして世界中から好評を得ているYAMAHAのサイレントギター。この日、5年ぶりのフル・モデルチェンジとなる「SLG200S」、「SLG200N」が発表された。最大の進化は、新開発のSRTパワード・ピックアップを搭載している点だ。スタジオでレコーディングされたサウンドを再現するためのシステムで、まるでハイエンド・マイクを使って実際に録音したかのような、ボディの響きや空気感をも再現。


ここ最近はモデルチェンジしていない印象がありましたが、モデルチェンジは5年ぶりでしたか。あんまり変えるところはなさそうだけど…と思ったら意外と変わっていて驚きました。


SLG200S - サイレントギター™ - ヤマハ株式会社

・SRTパワードピックアップシステム搭載
・低音弦側フレームの脱着構造によりコンパクトに収納
・優れた静粛性(一般的なアコースティックギターの約18%の音量)
・斬新且つ独創的なデザイン
・エレキギターのようなスリムなボディ形状
・チューナーを追加。機能性・演奏性が向上


今回の目玉は2点、SRTパワードピックアップとチューナーの搭載でしょうか。

SRTパワードピックアップとは

レコーディングスタジオで、プロのアーティストが厳選された高音質マイクでレコーディングするかのような、アコースティックギターサウンドを表現出来ます。

とのことなんですが、具体的な記述があまりありません。解説されているページで実際に音を聴いてみると一目瞭然ですが、ピエゾだけの音とは雲泥の差があります。

コントロール部の画像を見ると、

srt_powered_pick_up.png
※画像は公式サイトより拝借

ピックアップとMICをブレンドできるツマミがありますね。L.R.Baggsのシステムのようになっているんでしょうか。そしてチューナーが追加されたのは嬉しい点。むしろ今まで何で付いていなかったのかと思うくらいです。Z0-3にだって付いてるのに…

発売は8月から(サンバースト、ブラックは10月から)、という事でまだ結構先ですね。買わないけど、試奏は是非してみたい。買わないけど。買わないけど。この手のギターは部屋の温度や湿度を気にしなくていいので、ハンドリングが楽なんですよねー。いいなあ…


自然で空気感豊かなアコースティックギターサウンドを追求 ヤマハ サイレントギター『SLG200S』『SLG200N』 - ニュースリリース - ヤマハ株式会社


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

ギターペダル型ドラムマシン「BeatBuddy」

世界初のギターペダル型のドラムマシン BeatBuddy | Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

Singular Sound(シングラー・サウンド)が、思い通りのタイミングでフィルイン、パターンチェンジ、シンバルのアクセント、ブレイクをハンズフリーで足元から操作できる。ライブ感溢れるリアルビートをプレイしてくれる感覚直結型のドラムマシン「BeatBuddy(ビートバディー)」を発売します。


¥


ドラムマシンはいろいろな種類がリリースされていますが、エフェクターと同じペダル型、というのはあまりない気がします。でも、ギタリストをターゲットにしているのであれば足で操作できるという点はポイントが高いと思います。また、オプションのフットスイッチを接続するとタップテンポ入力、ブレイク、シンバルが使えるというのも気が利いている、というかそこまで行くともう「ギタリスト兼ドラマー」みたいな感じになってる気も。

この手の機器はPCと連携できて、PCで編集したファイルを戻すことができるのも最近の機器としては必須ですね。

SINGULAR SOUND | BeatBuddy | 製品情報 | 株式会社オールアクセス


価格は¥37,000で、想像してたよりは少し高め。実物をちょっと見てみたい感じですね。新潟の島村楽器でも入荷するのかなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

KORGの「チューナー缶」

エイプリルフールのネタかと思ったらマジでした…


【KORG】プレゼントに最適!「チューナー缶」 | PRODUCT NEWS | Rittor Music Magazine Web

コルグ・チューナーの誕生40周年を記念して、ユニークな缶入りチューナー「ツナ缶」ならぬ「チューナー缶」が限定で登場。ラインナップは、シンプルでお手軽なピッチ・クリップがパッケージされた「PC-1-CAN」が3種類と、新感覚3Dビジュアル・メーターを搭載した超高精度クリップ型チューナーとして話題のクリップ・ハンマー・プロがパッケージされた「SH-PRO-CAN」の全4種類。


cannedtuner.png


レギュラー商品ではなく、あくまでもコルグチューナー誕生40週年を記念して、という記念商品なんですね。ネタかと思いきや、パッケージの中身は当然のことながらキチンとしたチューナーなのでギタリストへのユニークなプレゼントとしても喜ばれそうです。

欲しいけど、チューナーはTU-10で満足しているので自分で購入することはないかなあ。Sledgehammer Proの方は誤差が0.1セントと優秀だし、ビジュアルにも惹かれるんですけどそんなにチューナーばかり持ってても仕方ないし…

それにしても「チューナー缶」がアリなら、45周年記念にはチューナーをパンで挟んだ「チューナーサンド」もぜひとも商品化して欲しいところですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

「Gibson Custom Collector’s Choice #29 Tamio Okuda 1959 Les Paul」発売

色んな意味で絶対に買えないと分かってはいるんですがブログに書くならタダですから、という物欲放出エントリ。

奥田民生がレコーディングやライブでかねてから使用している1959年製Gibson LespaulがCollector’s Choiceシリーズとして発売されるようです。前回の奥田民生モデルとして発売されたビグスビー付のレスポールスペシャルも良かったし、斉藤和義モデルとして発売された黒のKS-330も良かったですよね。ああ、アーティストモデルってとっても惹かれる。宝くじさえ(ry


ギブソン・カスタム、奥田民生が所有する1959年製レス・ポールを徹底再現 | 奥田民生 | BARKS音楽ニュース

ギブソン・カスタムから、奥田民生の所有する1959年製レス・ポール9-1165を徹底再現した「Gibson Custom Collector’s Choice #29 Tamio Okuda 1959 Les Paul」が発売される。
この1959年製レス・ポールは、ギターマニアなら知る人ぞ知る大変貴重なモデル。本物のモデルなら、状態によっては数千万円もの値がつくものだ。


購入した金額は民生自身は当時、「クルマ1台分くらいの値段」とインタビューか何かで言っていたようですね。今ならその価格ではとうてい無理ですが…


Gibson Custom Shop Collector's Choice #29 Tamio Okuda 1959 L :gib-59cc29asbnh1:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器 - 通販 - Yahoo!ショッピング

Gibson Custom Shop Collector's Choice #29 Tamio Okuda 1959 L :gib-59cc29vsbnh1:昭和32年創業の老舗 クロサワ楽器 - 通販 - Yahoo!ショッピング


これ、実物見てみたいけど見たら弾きたくなるだろうし、弾いたら絶対欲しくなるだろうし、という事で見ないほうが身のためだと強く思います。分かっているんです、ええ。買える人が心の底から羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

島村楽器で写真入りのオリジナルピックオーダーサービス

お気に入りの写真でオリジナルピックを作ろう!オーダーピック オーダー編 - 島村楽器公式ブログ


オリジナルピックを作れるサービスは結構前からあった気がしますが、写真をピックにできるというのはなかなか画期的だと思います。ワタシも高校生の時に古くなって要らなくなった定規を削ってピックを作ったことがあります。何で定規か、というと理由は2つ。好きなギタリストも子供の頃そうしたことがあった、というのと厚みのある定規をカットすると市販のピックでは得られないような固さのゴリゴリなピックができるから。あの頃こんなサービスがあれば、と若干思いますが……お金なかったから使ってないか。


picturepick.png
※画像は島村楽器公式ブログより拝借


おお、結構綺麗にできますね。形がトライアングル、ティアドロップ、ハートの3種類から選べるのもいい。ハート型のピックって見たことありませんが、もしかして今は使う人多いんでしょうか。ワタシはサムピックを使ってるのでそれも選べたらよかったのになあ。それと、硬さが選べるのかどうかが気になるところですね。

プロじゃなくても何かの記念に写真入りのピックを作ったりするのは楽しそうですし、ギタリストの知り合いにちょっとしたプレゼント、というのもありかもしれません。

順次全店で取り扱いする、ということなのでその内新潟でもできるようになったらちょっと試してみたい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

FenderからiPadに接続できるギターが登場

ASCII.jp:iPadに直接繋がる!? フェンダーのギターが宅録にうってつけ (1/6)

 ですが、つい先日、エレキギターの元祖・フェンダーから「FENDER STRATOCASTER DELUXE HSS PLUS TOP WITH IOS CONNECTIVITY」というUSB出力のジャックを持ったギターが発売されました。iOS機器に直接USBを差し、ギターアンプシミュレーターアプリなどを通すことができます。価格は10万5840円。


かなり前にGibsonがLANケーブルコネクタを持つギターを発表した際も驚きましたが、今回のこのギターも驚きましたね。ギターのボディにUSB端子を持ち、LightningケーブルでiPadやiPhoneに直接接続できるというものらしい。価格もまだ安くはない印象ですね。

こういうのが進んでくると、そのうちWi-Fiを内蔵して無線LANに接続できるようなギターも登場するかもしれませんね。レイテンシーさえ生じなければ扱いはそのほうが断然楽ですし。


DELUXE STRATOCASTER® HSS PLUS TOP WITH IOS CONNECT... | Topics 最新情報:Fender Official Site Japan | フェンダー・オフィシャルサイト・ジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

ドラゴンクエスト/ソロ・ギター・コレクションズCD購入

届いたー。
ヨドバシ・ドット・コムで購入。

発売が決定した時も書きましたが、楽譜としては素晴らしい出来栄えの「ドラゴンクエスト ソロギターコレクションズ」ですが、このスコアには模範演奏CDは付属しません。リクエストが多かったからなのか、最初から別商品として発売する予定だったのかは分かりませんが、模範演奏を聴きたい方はこのCDを購入する必要があります。YouTubeでは南澤大介さんのチャンネルで何曲かの模範演奏を観ることはできます。

ドラクエは実は1と2は未プレイだし、それ以外の作品も徐々に記憶から薄れていってるので楽譜だけだとどうしても曲のイメージが掴みにくいという事があるので、ワタシは購入して正解でした。模範演奏、というだけじゃなくて作品として普通に聴いてても素晴らしいですし。

楽譜とCDと同時に購入するとやはり普通に模範演奏CD付の楽譜を購入するのよりもコストは高く付きます。どうせ販売するならCDじゃなくてiTunes Storeでの配信だったりするともう少し利便性が高まっていいのになあ、と感じます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧