ゲーム

2017年12月27日 (水)

スプラトゥーン2を購入しました

ダウンロード版をチョイスしました。

スイッチはまだあらかじめダウンロードに対応していないので、翌朝早く起きてダウンロードすればいいかな、と思っていました。が、就寝前にTwitterで何気に検索してみたらなんと発売前日にもかかわらずダウンロードが始まってるじゃなイカ!

発売一週間前に開催された前夜祭に参加した時も思いましたが、みんな上手すぎる…発売直後だけあって、2から入った人も前作をやりこんでいる人も同様に低ランク、という状態だったんでしょうけどそれにしても瞬殺が多かったです。もちろん殺される方で(涙 高ランカーのプレイヤーとマッチングされて対戦した時は相手が赤い彗星のように思えましたよ。「正確な射撃だ、がそれゆえ(ry」 なんていう余裕もなく「なんでそれ避けられるの?」と思ってる間にやられていました…

最初は本当に右も左もわからずとにかく塗り進んでいって、いきなりどこかから撃たれて死んでいる、というパターンでした。当然Xボタンでマップなんか見てる余裕は全くナシ。1対1の局面でもほぼ当たり前のように打ち負ける(これは今でも若干そう)。相手に殺されるならまだわかるけど、マップに慣れていなくて落下死もそれなりに…さすがに今はランクも上がって少しはバトル中の立ち回りも身に付いたような気はします。少しですけどね…でもいまだにマップで戦局全体を見通すのは苦手。タブレットのアプリとリアルタイム連動してタブレットでマップが観られるといいんだけどなあ。この点だけはゲームパッドでいつでもマップを確認できたWiiU版の先代の方が優れていたんじゃないでしょうか。

地道に少しずつランクを上げて、ブキもいくつか購入しているんですが結局一番よく使っているのはスプラシューター(コラボも)。まだエイミングがブレるのでチャージャー系は苦手だし、ローラーも筆系もイマイチ馴染まないので。

ランクは11になったので、ガチバトルも解禁されました。ナワバリバトルは人にもよると思いますが、中央エリアでバチバチとやり合っているのを尻目にのんびりと誰もいない場所を一人で塗っていることもできるんですが、こちらはもっと殺伐とした感じ。ちなみにまだ1勝しかできていなくて、いつまでたってもC-から脱出できそうにありません。ちょっとみなさんレベル高過ぎじゃなイカ…

今のところナワバリバトルをメインにプレイして、疲れたらサーモンラン、たまに腕試し的にガチバトルで瞬殺される、という感じで進めています。ヒーローモードはまだ1回しかプレーしてません。


と、ここまで下書きしてから時は流れ、早数か月(!)…


現在はランク39まであがりました。ブキは全て解放されたものの、好みのギア構成にすべくギアパワーのかけら集めの旅はまだまだ続いています。

ブキはスプラシューターコラボがずーっとメインでしたが、最近はプロモデラーRGやバレルスピナーデコ、ハイドラントを使ったりもしています。そして最終的に無印スプラシューターとかN-ZAPに戻ってくるという。このあたりは連射、射程のバランスが良くてやっぱり使いやすいですね。ハイドラントや4Kスコープのような一芸に秀でているタイプに憧れるけど結局使うのは平均点タイプ、マリオカートなら最高速が出るクッパを使いたいけど、結局扱いにくさに負けてマリオを選びがちというワタシです…

どのブキを使うにしても「そのブキの得意な間合い(射程)で戦う」ことが肝心だなー、と。当たり前ですが。この手のゲームはもともと苦手なので、長時間遊ぶのには向いていないですね。上手い人とばかりマッチングされるとやられてばかりでなんか疲れちゃうというか荒んじゃうんですよねー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

FIFA18を購入しました

すっかりご無沙汰しています。

FIFA18、Switch版を発売日にダウンロード購入しました。
今更パッケージ版を買う気もあまりしないので、ダウンロード版があるのかどうか発売当日までよく分からずにモヤモヤしていましたが、基本的にパッケージとダウンロードは併売されると思ってていいんでしょうかね。

それにしてもサッカーゲームを買うのはいつぶりだろう…少なくともこの数年間は購入していなかったはず。最後にプレイしたのはWiiのウイイレプレーメーカーだったと思うんですが。

FIFAシリーズも初めてだし、久々のサッカーゲームはイロイロとついていけません。スキルムーブと言って、ボール保持時に右スティックを動かすことで様々なパターンのフェイントやドリブルができるんですが、数が多すぎて覚えきれません。スキルムーブにはレベルがあり、選手のスキルレベルが達していないと操作しても発動しないので、スキルレベルが低い選手ではできないスキルムーブも多いんですが、個々の選手のスキルレベルまではさすがに覚えてられません。有用そうないくつかのスキルムーブだけでも使いこなせるようになろう、と思ってYouTubeのプレイ解説動画を観て練習したりしていますが、一向に上手くなっている気がしません。果たして使いこなせるようになる日は来るんでしょうか…いや、使えなくてもプレーには差し支えないんですけど、使えた方がより楽しくプレーできるので。

でも、久々のサッカーゲームはとても楽しいです。EAのアカウントを取得してログイン状態でプレーすることで、最新のチーム事情が反映されたりする(直近の試合の連勝、連敗によるチーム全体の調子など)のは素晴らしいですね。ちなみにJリーグ(J1のみ)も収録されていています。ああ、アルビレックス…(涙

その話は置いといて。

PS4やXbox360版と比較すると一部異なる点があるようですが、両方とも持ってないので比較することもなく、気にもなっていません。今のところ、ウイイレとの比較で唯一残念なのはフリートレーニングモードがないことくらいかなあ。チュートリアルは充実しているんですが、それだけじゃなくてフリーで好きなだけ練習できる場が欲しいんですよね、先述のスキルムーブ等の練習用に。他の点に関しては満足です。以前プレーしていたプレーメーカーはどちらかといえば変化球的タイトルだったので、正統派のサッカーゲームを遊ぶのは2007年発売のウイニングイレブン9(PS2)以来。10年間でここまで進化したのか、と素直な驚きでいっぱいです。戦術に関して設定項目が多くて、どれが自分にとっての最適解なのか探すのは一苦労ですが、それもまた楽しみ、という感じでしょうか。

気がかりなのは今後もEAがSwitchに継続してこのタイトルを開発してくれるかどうか、という点ですね。コナミからウイイレ発売に関してはっきりとしたアナウンスがない現状では、唯一のサッカーゲームですし、なくなってほしくないんだけどなあ。

来年はワールドカップも控えていますし、年末年始からしばらくはこれとスプラトゥーン2だけで遊べてしまいそうです。あ、スプラトゥーン2も購入エントリ書いてませんね…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

ニンテンドースイッチとゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを購入

IMG_7888
発売当日にではありませんが、購入しました。


予約できない、品薄だという話は聞いていたんですがネットで次回入荷予定日を検索してみると意外と直近だったので、買えるかどうかチャレンジしてみることに。当日はPCの前でスタンバイ。販売開始時間には接続できなくなりましたが、何回かのリロードの末にめでたく購入できました。色はブラックをチョイス。

ツマはこれまですべての作品をクリアしているというゼルダの伝説の大ファン。そのゼルダの最新作が遊べるとあっては買わない理由はありません。ま、Wii Uでも遊べるようですが、今更買う理由もないですし…
ちなみに2006年にWiiを購入して以来、据置器は何も購入してこなかったのでほぼ10年ぶりの据置器購入となりました。

本体は意外と大きくて、「持ち歩けないことはないが、あまり積極的に持ち歩こうとは思わない大きさ」です。なので、現在のところ据置器としてしか利用していません。

Joy-conは任天堂のHPによればフル充電の状態なら20時間程度もつらしいんですが、なんだかそんなにもたない気がしますね。付属するグリップでは充電ができないので、遊び終わったらいちいち本体に装着しなおして充電していたんですがこれが意外と面倒。


IMG_7973

IMG_7974
で、遊んだらそのままケーブルだけ挿せば充電できるように充電グリップを買い足ししました。っていうかこれ、標準装備にすべきじゃないかと…販売価格を下げるために仕方がなかったのかなあ。

それと他でも症状が出ているようですが、使用中に左コントローラーの接続が切れるという現象が多発しました。それも、あまりに頻発するので全くゲームにならないというくらいの頻度で。左コントローラーの接続が切れると移動ができなくなるので、戦闘中に切れてしまうと敵を目の前にして動けずにリンクがタコ殴り状態に…(涙
もしかして本体からの距離が遠すぎる(といってもせいぜい本体から2mくらいの距離)のかな、と思ってできるだけ本体の近く(本体から1mくらい)に座るようにしてからは今のところ再現していません。

とりあえず今のところはゼルダ専用機となっています。リリースされているタイトルの中では、マリオカートが気になっているんですが、とりあえず今すぐにじゃなくてもいいかな。あと、夏にリリースされるスプラトゥーン2をづアンロード版で予約しました。これは前作からやりたかったけど、Wii Uを買ってまではプレイしたくないなあ、と思っていたので。この手のゲームは本来苦手なんですが、それでも遊んでみたくなる魅力があると感じていますが果たしてどうでしょうか。

ゲームの内容とは無関係ですが、スイッチはあらかじめダウンロードにはまだ対応していないようですね。事前にダウンロード番号を入力してダウンロードしておこうと思ったら弾かれてしまい、一瞬「???」となりました。ソフトの容量が5.5GBもあるのに発売日の午前0時きっかりにダウンロードが集中すると思うと、サーバーがもつのかどうかちょっと心配になります。多分ワタシはその時間まで眠気に打ち勝って起きているのは困難なので、次の日の早朝にすると思います(笑
それにしてもニンテンドー3DSでは少し前からあらかじめダウンロードに対応しているので、今後の対応を期待したいところです。

7月29日にはドラクエXIもリリースされるし、秋には個人的に大期待しているFIFAも控えてるし、何からやろうか嬉しい悲鳴ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

「ピクロスe7」を購入しました

3DS用のダウンロードソフトです。ピクロスとは「ピクチャーロジック」とか「お絵かきロジック」とか言われている、縦軸・横軸に記載されている数字をヒントにマス目を埋めていくことでイラストを完成させるパズルです。

500円とお手頃価格ながらそれなりに長く楽しめるソフトとしてツマのお気に入りで、初代から「ピクロスe6」まで全てコンプリートしています。ワタシではなく、ツマが。

ここ数作は半年に1作のペースでリリースされることがほとんどだったんですが、e6が2014年12月に発売された後なんと1年半近くも放置プレイ。いつ出るかなー、と思っていたがここまで待たされるとは…(笑

開発元のジュピターとしては「ポケモンピクロス」やマイニンテンドーのギフトになっている「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスピクロス」の開発もあったようなので、仕方がないことなのかもしれません。今作は20×15サイズの問題が目がピクロスで遊べるようになった、未確定の盤面に目印が付けられるようになった、タッチペン操作の種類が増えた、等の変更点がある模様。

久しぶりの新作という事でツマにも喜んでもらえました。


ピクロスe7 | ニンテンドー3DS | 任天堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

Football Manager2016(Mac版)を始めてみました

やったらオシマイだな、と思っていたものに手を出してしまいました。

周期的に襲われる「サッカーゲームがやりたい」という発作がまた出ました。ウイイレかFIFAか、と言ってもまだPS4買うほどじゃないしなあ、と思って手を出したのがこれ。

以前から評価が高いゲームだというのは知っていましたが、画面が英語だけというのもあってなかなか食指が動きませんでした。けど今になって調べてみたら日本語化できるらしい(PC版のみ)。サカつくは2011年以来新作も出ていないようですし、今回は候補から除外。そもそもPSP持ってないし… iOS版ではなく、PC版でじっくり腰を据えてやりたいと思ったのでMac版を選択。そういえばMacでゲームをプレーするのはものすごく久しぶりな気がします。もしかしたら「SimCity2000」以来かも。

この「FootBall Manager」、一言でいえば「自分で試合をプレーできないウイイレのマスターリーグ」みたいな感じでしょうか。

プレイヤー自身が監督(というかGMも兼任しているような感じ)としてチームを率いるわけですが、できることが無茶苦茶多い。試合におけるメンバーの選出や采配は当然のこととして、チームのスタッフの獲得やその賃金、契約内容、業務の割り振り、スカウトから上がってくる有望選手の報告、記者会見、クラブ経営陣との面会、ユースチームも含めたチーム全体や個々のトレーニング方針までクラブチームのほぼすべてに関わることができます。唯一できないことが「サッカーを自分でプレーすること」だけ、と言ってもいいような出来。今、1シーズン目のまだプレシーズンの段階ですがこれで進め方が合っているのかどうか全く分からず手探り状態です(笑

とりあえず日本語化パッチは当てましたが、登場人物のセリフは日本語化されていないものが一部あります。が、割と平易な英語なので理解はできるでしょう。
これのJリーグ版がプレーしたいけど、2016年版はデータが出てないみたいですね。出たらアルビレックス新潟で監督になってJリーグやACL(収録されているのかどうかは知らない)制覇を目指す、というのはぜひやってみたいところ。

自分の好きなチームでやる方が思い入れが違うだろう、というのが理由の一つ。もう一つはどうしても海外の選手の名前がすぐに覚えられないんですよね…年齢的な問題かというとそういうわけでもなく(言い訳がましい?)、昔アガサ・クリスティなどの海外ミステリーを読んでいるときもなかなか登場人物がキチンと頭に入らなくて裏表紙の登場人物紹介のページをいつでも開けるように指を挟んだまま読み進めていましたから。なのでJリーグが舞台ならそのあたりは問題ないだろう、と普段から見てますから他チームの選手名でもある程度分かりますし。

ちなみに選んだのはプレミアリーグで、チームはWatfordにしました。漫画「GIANT KILLING」のように、ここからサクセスストーリーを歩むことができれば理想なんですが。果たして、クビにならずにシーズンを少しでもいい順位で終えることはできるでしょうか…?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

ニンテンドー3DS「ハコボーイ!」「ハコボーイ!もうひとハコ」購入

ニンテンドー3DS用のダウンロードソフト、「ハコボーイ!」「ハコボーイ!もうひとハコ」を購入しました。プレイするのは主にツマです。ワタシはこうしたパズル系のゲームは苦手ですし。といっても、二つ同時に購入したわけではなく、「ハコボーイ!」をプレイしたツマから好評だったので続編である「ハコボーイ!もうひとハコ」も購入したという流れ。

ハコを出すことができる主人公を操作してゴールまでたどり着けばステージクリアですが、ハコを出せる数がステージごとに決まっているのとステージ形状がどんどん難しくなっていくのでそこにパズル的要素があります。

懐かしさを感じるシンプルなグラフィック、初めはカンタンに、徐々に難しくなっていく難易度の絶妙さ、2作購入しても1500円にもならないというコストパフォーマンスの良さも嬉しい所です。良作だと思います。

重厚長大なゲームの面白さもそれなりに理解しているつもりなんですが、加齢とともになんだかそれが胃もたれするかのように感じてしまっている自分がいます。かかる時間に尻込みしている、と言ってもいいですが。そうするとThrees!やこうしたあっさりした(?)ゲームにばかり食指が動くようになってしまうんですが、それも良し悪しですよね。スプラトゥーンもやってみたいけど、今からそれだけのためにWii U買うのもなあ…


ハコボーイ!

ハコボーイ! もうひとハコ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

Threes!でようやく80000点を超えました

未だに飽きずにやっているiPhoneのゲーム「Threes!」ですが、久々にハイスコアを大幅に更新できました。


image


それまでのハイスコアが30000点弱だったので一気にジャンプアップ。
といっても、見ての通り

image

こいつが点数高いからなんですけどね。それにしても後の5本はネットで買った、って…(笑

「768」を作るところまではできても、「768」を二つ作って合体させるところまでがどうしても出来なくてもう永久にこれ以上スコアが伸びないかと思っていました。続けてみるもんですね。次は「3072」を目指すことになるですが、これは今のところ全く目処が立たず。っていうか、今のところ「1536」ですらなかなか再現できる気がしません…

気長にやりたいと思います。


Threes!
360円
(2015.12.15時点)
posted with ポチレバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

A列車で行こう3D体験版

タイトル通り、体験版を遊んだだけで結局購入しませんでした。と書くとそれで終わってしまうのでそこに至った経緯や感想を。

きっかけはこの連載でした。

〈PR〉485系、DD51が4Kモニタを縦横無尽! 見入ってしまう「A列車で行こう9」、そのグラフィック | 乗りものニュース

A列車で行こうはかなり前にプレーしたことがあるものの(ハードは忘れたけど多分PS版のIV.EVOLUTION)、その時は結局システムの複雑さにめげて途中からやらなくなってしまいました。SIM CITYとか、こういう箱庭系のゲームって時々無性にやりたくなる時があります。数年に1回という程度ですが。ちなみにサッカーゲームも不定期ですが無性にやりたくなります。

現在の「A列車で行こう」はナンバリングタイトルではWindows向けの「A列車で行こう9」が最新で、携帯機としては3DS向けの「A列車で行こう3D」のみが存在しているようです。Mac版は…当然のごとくなし。でもこの時代だし、iOSやAndroidでも展開してるだろう、と高を括っていたら全く展開されていなくてなんだか肩透かしを食らった感じ。

でも3DSだと体験版が遊べるので早速ダウンロード。体験版は5回まで遊べて、その後に製品版を購入した場合にはデータの引き継ぎも可能なようです。ただし、遊べるマップは2つに限定されます。そのマップはチュートリアルになっているので、遊びながら操作方法やゲームの仕組みを徐々に学べる、という形になっています。最初は線路の施設や列車の配置くらいしか出来ないのですが、秘書や担当者が新しく開放される機能を詳細に説明してくれるので特に戸惑うことなくゲームに入っていけます。秘書のイラストはよくあるアニメ顔なんですが、今ひとつ好みじゃないのは仕方がないですね。ゲームのシステムは複雑なので、20年ぶりにプレーするのでほぼ初めてと言って間違いないレベルのプレーヤーのワタシとしてはこれは非常にありがたいですね。これがなかったとすると、多分途中で投げ出しているような気がします。

本家の「9」をプレーしていないのでなんともいえませんが、いろいろな項目がかなり細かく設定出来ますしグラフィックも性能が低い3DSなりによく頑張っている方だと思います。ただ、ワタシのLLじゃない方の3DSでは正直言って画面が小さくて目が疲れる(笑

で、体験版で遊べるマップは2種類とも遊んで「A列車で行こうで遊びたい欲」は半分くらいは満たされたんですが、まだなにかモヤモヤ中。「9」を遊びたい気もするけど、かといって今から自分のMacBook ProにBoot Campの設定をしてWindowsをインストールしてまでは遊びたくないんだよなあ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

「ファイアーエムブレムif」1周目クリア

購入以来地味に少しずつ進めて、先日ようやく1周目をクリアしました。ちなみに選んだのは白夜王国の方です。箇条書きでここまでの雑感を。


・暗夜王国の方は従来と同様の職種ですが、白夜王国の方は全て「和」のテイストで慣れるまで違和感ありまくり。

・もっと違和感あるのがスキルで、何を取得したらいいのか今のところ取捨選択ができず。「覚醒」では文字通り無双状態だったスキル「疾風迅雷」はDLCのみになっていて、継承も出来ないらしい。まあ、疾風迅雷は威力がありすぎて「覚醒」だとそれを使えるユニットをどれだけ揃えられるかが勝負、みたいなところが確かにありましたからね…

・武器は使用回数の制限がなくなったのはマル。高い(威力がある)武器は使用後のユニットの能力低下がある、というのも戦略に幅が出ていい感じ。今までと違って「ただ単に高い武器を使えばいい」というわけにはいかないですからね。武器の錬成ができるのは前と同じですが、錬成するのに全く同じ武器を2つ揃える必要があるということで若干、いやかなり、面倒。

・結婚や外伝のシステムは「覚醒」と同じなんですが、1周目は3組くらいしか結婚させられず。子供世代の方が能力が高い点も共通のようなので、2周目はこの辺を改善したいところ。

・ストーリーが肝、ということだったんですが個人的にはそこまでいいとは思えませんでした…期待しすぎだったのかなあ。

・主人公や王族が使用できる「竜脈」はマップ上の地形を変えられるというアイディアは面白いんだけど、もう一つ活かしきれていないのかな、という感じ。

・結婚させていないユニット、未回収の外伝もまだかなりあるので誰と誰のカップリングがいいのか、どういう順番で転職させれば効率がいいのか、というこの辺りはまだこれからの検討事項。

・時々遭遇戦をこなすくらいであとはフツーに進めていけば十分最終面までは到達できるんですが、終章でワタシは何回か躓きました。一度そこで死んでしまうと、終章からではなく27章からやり直しになる、というのが地味に辛かったです。そうそう、白夜王国では意外に壁役になれるキャラが少なくてその辺も苦戦した原因かな、と。

ということで2周目に突入する予定です。暗夜王国も第3のシナリオも興味はあるんですが、購入はもう少し先になるかなあ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

ドラクエXI、発表

いつかは出るんだろう、と思っていましたがようやく発表されましたね。


ナンバリング最新作『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』発表!ハードは3DS/PS4 | インサイド

スクウェア・エニックスは、イベント「ドラゴンクエスト新作発表会」において、シリーズ最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』を発表しました。

なお、対応ハードはニンテンドー3DSおよびPS4となっており、オンラインゲームでなくひとりで遊べる作品となっています。


ナンバリングタイトルとしてはXが発売された2012年以来、オンラインを除くのならばIXが発売された2009年以来のタイトルとなります。Xは全く食指が動かなかったので、リメイク以外のオリジナル作品を遊ぶのは久しぶりになります。

PS4とニンテンドー3DSで発売、という発売当初からマルチプラットフォームで展開されるというのはドラクエの歴史上初めてのことだと思います。ウチはPS4は今のところ購入予定がないし、ニンテンドー3DSで購入することになりそうです。IXの購入までは「ドラクエ(に限らずRPG)は据え置き機でじっくり腰を据えて遊ぶもの」という固定観念を持っていたんですが、IXで携帯機でのドラクエを初体験してみてその考えは簡単に打ち砕かれました。いつでもどこにでも持ち歩ける手軽さと、すれ違い通信で宝の地図が入手できる楽しさなどであっさり「携帯機もアリだ!」となりました。我ながらカンタンです。

3DS版は2画面を活かした画面構成になっているみたいですね。


『ドラゴンクエスト11』実機デモプレイが披露!3DS版はレトロ風・3Dに両対応 | インサイド

そして、3DS版は同じくシリーズの開発経験があるトイロジックが開発を協力。上画面に3Dグラフィック、下画面には(レトロ風の)2Dグラフィックが表示されており、シリーズの歴史を振り返るようなデザインになっています。

また、3DS版のフィールドは、3Dだとシンボルエンカウント、2Dだとランダムエンカウントで戦闘が発生。戦闘も3Dと2Dを切り替え可能なほか、ゲーム内で起こるイベントも上下画面でそれぞれの映像が同時に再生されます。なお、イベントムービーはあとから見られるようになっているとのこと。


おお、いいですね。これだと今使っているノーマルサイズの3DSだと辛そうだから、LLへの買い替えを検討しようかなあ。

あと気になるのは発売時期か…ドラクエの30周年内に発売したい、という発言があったようですがあまり期待しないで待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧