« 2016Jリーグ 1stステージ第7節 アルビレックス新潟 vs サンフレッチェ広島 | トップページ | 新潟市中央区のカフェ「Season」でランチ »

2016年4月19日 (火)

映画「エイプリルフールズ」

録画してあったものを視聴しました。

以下、若干のネタバレを含みます。


脚本が古沢良太さん、監督が石川淳一さんという「リーガル・ハイ」コンビによる映画です。なので、作品のテイストはほぼ「リーガル・ハイ」ですが、あそこから古美門の大袈裟な感じだけを割り引いてもらえればいいかと。最近の邦画は何かと言えば原作を実写化したものばかりですが、これは古沢さんのオリジナル脚本ということで期待度は高かったです。

エイプリルフールに起きた複数のエピソードを描いた作品ですが、それぞれ同時進行していき、エイプリルフールという要素が物語に奇跡を起こす、というものです。公式サイトには「7つの嘘が奇跡を起こす!」とありますが、実際に本筋に絡んでくるのはその内3つくらいでしょうか。話が進んでいくにつれて複数のエピソードが絡みだして終盤に向かうと「そうなるのか!」と唸らされる古沢さんの脚本はやはり見事だと思います。

キャストは意外と(失礼)豪華で実力派揃い。「リーガル・ハイ」と一部キャストがリンクしているのでファンはニヤリとさせられますね。7組の登場人物の中で個人的には里見浩太郎夫妻を何とかしてほしかった気がします。ああやって長年連れ添った夫婦が、どちらかの人生の終焉を迎えようとしているのを観るのはフィクションとはいえ非常に辛い。一個人の希望としては何とかしてほしかったけど、あれを何とかしちゃうと物語全体からペーソスが消えてしまう気もするし嘘っぽくなってしまうし、仕方がないのかな、という気もしたり。

地上波の録画なので想像はしていたものの、CMがかなり多くてゲンナリ。本当に観たい作品はやはりVODなどを利用する方がいいのかもしれません。アプリでもそうですが、広告って「お金を払ってでも回避したいもの」になっちゃってますね。金額にもよりますけど。観てて面白いCMもなくはないですが、ごく僅かですしね…


映画『エイプリルフールズ』公式サイト


|

« 2016Jリーグ 1stステージ第7節 アルビレックス新潟 vs サンフレッチェ広島 | トップページ | 新潟市中央区のカフェ「Season」でランチ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エイプリルフールズ」:

« 2016Jリーグ 1stステージ第7節 アルビレックス新潟 vs サンフレッチェ広島 | トップページ | 新潟市中央区のカフェ「Season」でランチ »