« 映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 | トップページ | 指定した映画のレンタル開始日をメールで知らせてくれるサービス、CineMarker(シネマーカー) »

2016年3月28日 (月)

伊坂幸太郎「チルドレン」読了

Kindle版がセールで安くなってたので思わず購入。

5つの短編で構成される本ですが、登場人物は共通していて(時代が若干前後する)同じ世界(と言ってもファンタジーじゃなく現代小説ですが)の中で展開する話です。この作品はどちらかと言うと「アイネクライネナハトムジーク」に通じる、ハートウォーミングな方の話で、殺伐とした話がキライな方でも安心して読めるのではないかと。

登場人物の一人である「陣内」が面白すぎて、彼一人だけでスピンアウトものが書けるのでは、と一瞬思いましたがあれはやはり振り回される周囲の人とワンセットで描かれるから面白いんでしょうね。こういう人、いそうだよなあと思うものの身近にいてほしくはない、そんなタイプのヒトです。

「伊坂幸太郎 チルドレン」でググると上から3番めに出てくるサイトにこんなサイトがあって、読んだばかりだというのにもう1回小説を読み直したくなりました。


伊坂幸太郎のチルドレンに登場する名言30のまとめ | ワライ荘 : 0.3秒ぐらい笑いそうになるブログ


一番最後の「熊が殴る分にはいいだろ?」が好きです。



|

« 映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 | トップページ | 指定した映画のレンタル開始日をメールで知らせてくれるサービス、CineMarker(シネマーカー) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「チルドレン」読了:

« 映画「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 | トップページ | 指定した映画のレンタル開始日をメールで知らせてくれるサービス、CineMarker(シネマーカー) »