« A列車で行こう3D体験版 | トップページ | 二ノ宮知子「七つ屋志のぶの宝石匣 2巻」購入 »

2015年12月 6日 (日)

2015Jリーグ、全日程を終了

今年から2シーズン制が採用されたことにより終盤の日程は色々と異なるものの、今年もJリーグの全日程を消化しました。

2シーズン制の是非は置いておいて、チャンピオンシップは個人的には盛り上がったという印象を持っています。ガンバ大阪と浦和レッズの試合も、サンフレッチェ広島とガンバ大阪の試合もいずれも面白い試合だったと思います。チャンピオンシップに出場したこの3チームには特に肩入れしていないので、自分が完全にニュートラルな立場で観られたというのもその一因としてはあるかもしれません。自分が応援しているチームが出場しているとなればこれはもう試合の状況如何で胸を掻きむしるような感じで見ていたであろうことは想像に難くありませんから。

ガンバ大阪と浦和レッズの試合。GKへのバックパスがあわやオウンゴールとなりそうになるもポストにあたって跳ね返る。そのボールを素早く展開してカウンターでそこから決勝点が入る。わずか十数秒で展開される天国と地獄を行ったり来たりするようなジェットコースターのような終盤で、まさに「こういうことがあるのがサッカー」という試合でしたね。

サンフレッチェ広島とガンバ大阪の試合。1試合目の退場劇が全てだったかもしれません。悔やんでも悔やみきれないところでしょうが、「これもまたサッカー」ですね。終わってみれば年間勝点1位のサンフレッチェ広島の順当な勝利でした。10日から開催されるクラブワールドカップ(CWC)へも開催国王者として出場が決まっています。せっかくだからバルセロナと試合するところが観てみたいですが、それが実現するためにはオセアニア・アフリカ・南米のクラブチャンピオンにそれぞれ勝利する必要があるのでかなりタフな道程になりそうです。

それにしても3試合とも見所の多い試合で狙い通りに(?)チャンピオンシップは盛り上がった、と勝手に思っているんですが普段サッカーにあまり関心を示さない層にとってはどうだったんでしょうか。ワタシはゴールデンタイムに地上波でJリーグを観られる日が来るなんて!とまるでよつばのように喜んでしまいましたよ(笑

そして今日はJ1昇格をかけたプレーオフが行われ、アビスパ福岡が5年ぶりにJ1復帰を決めました。一足早く自動昇格で昇格を決めたジュビロ磐田の名波監督と井原監督、日本が初めてワールドカップに出場したあの98年のフランス大会のメンバーがこうして揃って監督としてJ1に戻ってくる、というのもなんだか感慨深いです。98年、ちょうどワールドカップ出場を決めた後あたりのことだったと思いますが、サッカー評論家の後藤健生さんが「今のJリーグを経験した選手が引退して指導者になったらすごく良い指導者になると思う」といった旨の発言をされていたんですよね。この4年間で3回優勝しているサンフレッチェ広島の森保監督や昨年3冠を達成したガンバ大阪の長谷川監督には既に名称の風格すら漂いだしていると思いますが、名波監督や井原監督がその後に続くと思うとなんだかワクワクしてきます。

以上、なんとなく思いつくままに書いてみました。試合は終わりましたが、先述の通りCWCはありますし、選手の移籍もこれからが本格化するので目を離せないことには変わりありません。

来年もまたいい試合が観られますように。


|

« A列車で行こう3D体験版 | トップページ | 二ノ宮知子「七つ屋志のぶの宝石匣 2巻」購入 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015Jリーグ、全日程を終了:

« A列車で行こう3D体験版 | トップページ | 二ノ宮知子「七つ屋志のぶの宝石匣 2巻」購入 »