« ホワイトデーのケーキ2015 | トップページ | クラブニンテンドーに最後の景品追加 »

2015年3月17日 (火)

安野モヨコ「くいいじ」読了

Kindle版を購入。
文庫で上下巻で発売されていたものを電子書籍向けに一冊にまとめたもののようです。安野モヨコさんの漫画は「監督不行届」を読んだことがあるんですが、文章を読むのはこれが初めて。

一言で言えば「読んでいて腹が減る本」ですね。こうした食に関する本への最大級の賛辞だと自分では思っている言葉ですが。

中身はエッセイ形式になっており、テーマに関する文章とイラストで構成されています。決して自分は美食家ではない、と作者が前書きで語っていますが、食べ物や食事に対する深い愛情が感じ取れる一冊です。


オーガニックの食品や無農薬野菜を買うようには心掛けているけれど、コンビニのおにぎりも食べるしハンバーガーも大好きだ。

話題のレストランでの素敵ディナーはもちろん素敵だと思っているけど、場末のぼんやりした居酒屋で冷奴をつまみにビールを飲む侘びしさも嫌いじゃない。


この辺りをもって、タイトルが「くいいじ」になったのでしょう。でも、個人的にはよく分かります。コンビニだってファーストフードだって悪く無いですよね。むしろ、時々はそんなジャンクなものを食べたくなる、というのは誰だってある気がします。そこを隠さずに、否定せずに受け止めるとこのようになんでも楽しめるのだなあ、というある意味グルメをあざ笑うかのような本なのかもしれません。

ちなみに平成18年からの連載をまとめたもの、という事で夫である「カントクくん」も時折登場するので庵野秀明さんのファンも必読かも。


|

« ホワイトデーのケーキ2015 | トップページ | クラブニンテンドーに最後の景品追加 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安野モヨコ「くいいじ」読了:

« ホワイトデーのケーキ2015 | トップページ | クラブニンテンドーに最後の景品追加 »