« DANBOARD USB Cable with Lightning connector 購入 | トップページ | アルビレックス新潟、2015年体制発表 »

2015年1月29日 (木)

「クラッシャージョウ11 水の迷宮」読了

Kindle版を購入。
発売当初はKindle版が発売されそうな雰囲気がなかったので中古で値下がりしたら購入して自炊するか、と思っていたんですが先日検索してみたらいつの間にかKindle版が発売されていたので迷わず購入しました。

「クラッシャージョウ」と聞くと一部の人には懐かしく感じるんじゃないでしょうか。ワタシも小学生の頃に映画を観て夢中になったんですが、そのあとで原作を読んでこちらも長いことファンでした。というか今でも割と好きだったりしますが。映画版は既にガンダムで馴染んでいた安彦良和さんが監督、作画監督、キャラクターデザインを務めていることもあって絵には全く違和感がなかったですね。

原作は第1作となる「連帯惑星ピザンの危機」が発売されたのがなんと1977年。この水の迷宮が2年前の2013年の発売ですから、30年以上に渡る息の長いシリーズであることが分かります。

今作「水の迷宮」は「水のラビリンス」という楽曲にインスパイアされた作品ということなので、シリーズの1作品とはいえ通常のクラッシャージョウシリーズとは少し別の趣がありますね。ここ数作に関しては戦う相手や舞台に関してファンタジー色が強くなってきているんですが、今回もその傾向に則った作品となっています。いつもと比べると割と話も短めかもしれません。それだけならまだしも、主人公であるジョウや彼のチームメイトの影が非常に薄い…登場人物の一人であるアプサラが主人公かと思うくらいでした(本当  

ちなみに来月には最新刊となる12作目「美神の狂宴」が発売されるようです。Kindle版が発売されたら買うと思います。今度はもう少し普通のクラッシャージョウが読めるといいかなあ。


|

« DANBOARD USB Cable with Lightning connector 購入 | トップページ | アルビレックス新潟、2015年体制発表 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クラッシャージョウ11 水の迷宮」読了:

« DANBOARD USB Cable with Lightning connector 購入 | トップページ | アルビレックス新潟、2015年体制発表 »