« 鈴木みそ「Xてんまでとどけ」購入 | トップページ | 今年の節分 2014年編 »

2014年2月 2日 (日)

伊坂幸太郎「グラスホッパー」読了

これも先日の角川祭りの際にKindle版を購入。

ゴールデンスランバーは映画も原作も結構好きだったので、他の作品も機会があれば是非読んでみたいと思っていました。最初にAmazonで目に入ったのは「マリアビートル」の方だったんですが、グラスホッパーの方が先に発売されている作品だということを知りとりあえずこちらを先に読んでみようかと。

ツマを殺された復讐をしたい男性、殺し屋、自殺させ屋が登場しそれぞれの視点でストーリーが進んでいき、押し屋がそこに絡んでいきます。ストーリーは大まかには想定内、時折ものすごく想定外の進み方を見せます。そのバランスと主要な登場人物の視点の切り替え方が絶妙で、ページをめくる手が止まりません。作風に慣れた、というのもあるんでしょうが「ゴールデンスランバー」ほど不思議な読後感はありませんでした。暴力的なシーンも若干は存在するんですが、主人公の男性がそういったタイプの男性ではないのでそう頻繁に暴力・アクションシーンがあるわけではありません。派手なアクションものが読みたい方にはそうした点で不満が残る作品かもしれません。

この続編に相当する作品「マリアビートル」や、小説版を原作にした漫画(!)もあるみたいです。「マリアビートル」はそのうち読んでみるつもりです。ゴールデンスランバーの監督で映画化されたりしないのかな、という疑問も。でもこっちの作品は映像化しにくいのかな。


|

« 鈴木みそ「Xてんまでとどけ」購入 | トップページ | 今年の節分 2014年編 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎「グラスホッパー」読了:

« 鈴木みそ「Xてんまでとどけ」購入 | トップページ | 今年の節分 2014年編 »