« 雪かきシーズン、来る | トップページ | 2013年Jリーグ総括 »

2013年12月16日 (月)

蕎麦もパスタも可能な製麺機、我が家の麺職人

そばやパスタの生麺をわずか18分で作れる製麺機 - 家電Watch

ラオックスは、家庭で簡単にパスタやそばが作れる「我が家の麺職人 JYS-N6」を12月20日より発売する。希望小売価格は24,780円。当初は直販サイトで販売し、その後は家電量販店での展開も予定している。

 パスタやうどん、そばを家庭で作れる製麺機。スクリューの1回転が手こね約6回に相当する独自の撹拌機能「圧力プッシュ」を採用し、水と粉が素早く混ざり、最短18分でコシのあるそばやうどん、パスタなどの麺が作れる点が特徴。好みで粉の種類を変えたり、水の代わりに野菜ジュースを加えて、「青汁麺」や「にんじん麺」などのオリジナル麺を作ることもできる。

ホームベーカリーでパスタやうどんを打つ(打ってないから打つ、とは言わないのかも)のに一時期ハマっていたんですが、これはラーメン屋蕎麦も作れるところがいいですね。うどんやパスタはホームベーカリーでも作れるんですが、うちのPanasonicのホームベーカリーでは蕎麦はムリ(象印だと蕎麦も作れるホームベーカリーがあるらしい)。ググってみると無理やり作ってるヒトもいたようですが、ワタシにはそこまでの根気もやる気もナシ。ただ、単機能で約25000円を高いと見るか安いと見るか。ホームベーカリーだと生地はこれで簡単にできるとしても、見栄え良く切ろうとすると結局パスタマシンも必要だったりしますがこの「我が家の麺職人」だとカットされた状態までやってくれるというのは素晴らしい。麺を等幅で切るのは思ってる以上に難しいし、打ち粉をしながら切らないとくっついてしまうのでそこら中が粉まみれで真っ白になるし、麺を伸ばすのだってそれなりに広い場所が必要。そう考えると意外と高くない気がしてきますね…

ちなみにメーカーはあのラオックス。店舗は新潟にもありましたし量販店としてはもちろん知っていましたが、こんな自社製品を作ってるというのも初耳。これが売れるようだとまた他社も追従するのかな。

|

« 雪かきシーズン、来る | トップページ | 2013年Jリーグ総括 »

欲しいもの」カテゴリの記事

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦もパスタも可能な製麺機、我が家の麺職人:

« 雪かきシーズン、来る | トップページ | 2013年Jリーグ総括 »