« サッカー日本代表 オランダ戦 | トップページ | ギターケース用湿度記録計の電池と湿度調節剤を交換 »

2013年11月17日 (日)

エアーフロスHX8111/32 購入

New photo added to

何度かエントリにしましたが、昨年は死ぬ思いをして全部虫歯を治療しました(やや誇張アリ)。で、今後は定期検診のみでその状態を維持することが目標になっています。ちなみに3ヶ月に一度の検診で今年は4回定期検診を受診しています。歯科医のスタッフは「半年に一度でいいですよ」と言ってくれるものの、どうもワタシは歯石が付着しやすいようで、検診のたびに結構な時間をかけて歯石を取ってもらっています。3ヶ月でこの有様なら、間隔が半年に開いたらもっと歯石が付着して検診にも時間がかかることが予想されるのが目下の悩みのタネ。ワタシはかなり歯並びが悪くてフロスが入りにくいんです。入りにくくて面倒なので頻度が減る。頻度が減ると…という悪循環。

本体に水を入れて時速70kmの水滴を少量噴射することで歯間の洗浄を行う、というのがこのエアーフロスです。これならフロスよりも面倒くさくなくて手軽でいいかなあ、という不順な動機。

定期検診が終わって、歯石も取ってもらった状態から始めるのが一番効果もわかりやすくていいだろう、ということで110月の定期検診の時期にあわせて購入しました。価格に結構差があったので、今回は価格.comの安値の店舗を利用。ちなみにネットで検索するとHX8111の/より後の部分が異なっている商品が幾つかヒットしますが、その部分は販売先によって異なるとかで製品自体には差がないそう。ちなみに、購入した時は全く気が付きませんでしたが後継機のHX8320が出ているようですね。

実はまだ2週間程度の使用期間しか取れておらず、評価も定まっていません。
ので、とりあえず開梱して外観編を。


DSC04336.JPG

外箱。中身の割には意外と大きい気がします。

DSC04342.JPG
DSC04348.JPG
同梱物一覧。本体、ノズル、ACアダプター、マニュアルのみ。これしか入っていないんならもう少し外箱は小さくてもいいんじゃないだろうか…


DSC04352.JPG

DSC04361.JPG
電源スイッチ。使用中に誤って押すことがなさそうな場所ですね。パイロットランプ付で、電池残量が少なくなると黄色のライトが点滅状態になります。


DSC04362.JPG

ハンドル部には「丸洗い不可」のシールが貼られています。注水の際に多少の水は絶対にかかると思うんですが、どのくらいまで大丈夫なのかは不明。価格コムなどでは水をかけて壊れた、というレビューもありましたね。マニュアルとは別紙で「丸洗い不可」「水没不可」という注意書きを書いた紙が付属していますから、きっとその手のクレームが多かったんだろうと推測。


DSC04364.JPG

水(もしくはマウスウォッシュ)を入れる場所。


DSC04365.JPG

蓋がこのように開きます。ちなみに水はごく少量しか使わないので、すぐにいっぱいになります。


DSC04368.JPG

DSC04374.JPG
手で持ったところ。ワタシの手(標準よりやや小さめ)ではちょっと持て余す感じ。ただ、滑らずにホールドはしやすい方だと思います。


DSC04377.JPG

充電する時はこのようになります。ちなみに初回充電は24時間必要。購入時はバッテリーは全く空の状態で、購入後24時間は使えないという事になります。


DSC04357.JPG

ノズルは交換可能な消耗品。付属のマニュアルによれば「衛生的に使うために」約6ヶ月に一度交換しろ、とのこと。ノズルはネットだと2本入りで1800円くらい。年間1800円か…


DSC04382.JPG

ノズル先端部。ここを歯間に軽く押し当てて使用します。


チープではないもののそんなに高級感があるわけでもない。全体的に価格相応の作り、という印象ですね。でもこういう製品なので大事なのはそういった部分ではありませんね。

不定期で続きます。


|

« サッカー日本代表 オランダ戦 | トップページ | ギターケース用湿度記録計の電池と湿度調節剤を交換 »

健康」カテゴリの記事

家電」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の書き方 | 2014年1月12日 (日) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアーフロスHX8111/32 購入:

« サッカー日本代表 オランダ戦 | トップページ | ギターケース用湿度記録計の電池と湿度調節剤を交換 »