« SONY SEL30M35 30mmマクロレンズ 購入 | トップページ | スタジオジブリの小冊子、熱風12月号に安野モヨコ「カントク不行届Q」が掲載 »

2012年12月12日 (水)

1000万円!HARIOのガラス製ギター登場

登場って言っても別にワタシのブログに登場するわけじゃないけど…HARIOさんからこんなの出ました。


総制作費1,000万円! 世界初のガラス製ギター|ギター|RandoM by Rittor Music

HARIOと言えば耐熱ガラスの最大手メーカーで,コーヒーのドリッパーや調理器具の製造で知られており,これまでもチェロやリュートなどのガラス楽器シリーズを発表してきた会社。そんな同社がこのたび新たにガラスの楽器制作に着手,村治佳織を監修に迎えたクラシック・ギターを完成させた。


Hariogguitar


なんと1000まんえん!(ひらがなが驚愕を表すと思って下さい

D-45が何本買えるんだ!

3.7kgとギターにしてはかなり重め。うっかり腿から滑って落としたら、とか想像しただけで身悶えしそう…とりあえず写真を見ただけでは詳しい構造が全くわかりません。触ってみたいわー。できれば弾いてみたいわー。せめて音だけでも聞いてみたいと思ってググってみたけど当然のことながらまだ何も見つからず。ナイロン弦でガラスボディーなんてどんな音か全く想像も付きませんね。村治佳織さんがいつか使ってくれるのを待つしかないか…


ハリオさんの公式サイトはこちら:ガラスのギター | HARIO株式会社

|

« SONY SEL30M35 30mmマクロレンズ 購入 | トップページ | スタジオジブリの小冊子、熱風12月号に安野モヨコ「カントク不行届Q」が掲載 »

ギター・楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1000万円!HARIOのガラス製ギター登場:

« SONY SEL30M35 30mmマクロレンズ 購入 | トップページ | スタジオジブリの小冊子、熱風12月号に安野モヨコ「カントク不行届Q」が掲載 »