« ヨッシーのクリーニングクロスが届きました | トップページ | こんにゃくのレバ刺し 購入 »

2012年9月16日 (日)

図書館戦争 読了

DSC00468.JPG
ピクチャーエフェクト リッチトーンモノクロで撮影。

先日の鹿男あをによしに引き続き、ツマが借りてきてくれました。面白そうだな、と思っていつか読みたかった作品だったのでツマに感謝。

近未来(2019年)の日本を舞台にメディア良化委員会による検閲と戦う図書館員を描く(はしょりすぎですね)、というストーリーだけを見てもナンノコッチャという感じですね。そのあたりの世界観はキチンと作中で説明されていますが、やや説明部分が冗長すぎて興醒めな感じはあるかもしれません。でも、SFでもファンタジーでもこの課題をどうクリアするかが作品の善し悪しを決める一要素だと個人的には思っています。後述する映像化の件ではここをどう処理してるのかが気になりますね。

文体はわかりやすく、描写よりも会話が多めに進んでいくこともありテンポ良く読めます。登場人物も必要以上に多くないのは記憶力が衰えがちなワタシ的にはありがたいです(恥
読み終えるまでは1日かかりませんでした。

蛇足ですが、読み始めた当初はなんとなくダーティーペアが連想されましたね。猪突猛進型の女性が主人公という点しか共通点はありませんが…


アニメ映画化の話が先日出ていた気がしたんですが、なんと実写でも映画化されるみたいですね。それと、フジテレビのノイタミナ枠で2008年にTVアニメ化されていたことも初めて知りました。


岡田准一&榮倉奈々で「図書館戦争」映画化…ファン仮想キャスティング投票1位同士が初共演:芸能:スポーツ報知

V6の岡田准一(31)、女優の榮倉奈々(24)が初共演し、有川浩氏(40)原作の人気小説「図書館戦争」が実写映画化されることになった。シリーズ累計280万部を誇るSFアクションラブコメディー。昨年4月に原作ファンの投票をもとに行われた雑誌の仮想キャスティングではともに圧倒的な票数で1位を獲得していた。公開は来年ゴールデンウイークを予定。


映画化はまだ先の話としても、TVアニメの方は原作をすべて読んだ上で観てみたいかも。早くTV局のこういったコンテンツもiTunes Storeで観られるようになるとラクでいいんだけどなあ。踊る大捜査線も映画はiTunes Storeで観られますが、ドラマのスペシャル版などは観られませんし。個人的には映画よりもドラマのスペシャル版のほうが観たかったりします。

話が逸れました。
とりあえず続編も読みます。買わずに借りる方向で…

|

« ヨッシーのクリーニングクロスが届きました | トップページ | こんにゃくのレバ刺し 購入 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 読了:

« ヨッシーのクリーニングクロスが届きました | トップページ | こんにゃくのレバ刺し 購入 »