« 歯医者2回目 | トップページ | パティスリーイスィのスティックシュー »

2012年2月21日 (火)

斉藤和義ギターオークション

オークション : 斉藤和義が愛用ギターをオークションに!被災地の子どもにギターを届けるプロジェクト | RBB TODAY (エンタメ、音楽のニュース)

 シンガーソングライターの斉藤和義が、これまでに使用してきたギターをオークションに出品し、落札金で購入した新しいギターを被災地の子どもに届けるというプロジェクトをスタート。プロジェクトの特別サイトでは、出品されるギターが公開されている。

オークションサイトはこちら:斉藤和義 ギターオークション

これを書いている時点ではまだサイトはプレオープン状態でオークションも始まっていない状態です。入札する予定はないけど、始まったら一応覗いてみたいです。どのギターも気になるんですが、MARTIN M-38かEPIPHONE ELITIST CASINOが特に気になります。でもセイモア・ダンカンのテレキャスとかバリトン・ギターとかも気になる…うう、1本に絞れない(いや、入札しないんだってば

ギターの紹介だけではなく、そのギターがどのアルバムで使われていたのかもキチンと書かれており、ファンなら垂涎モノです。幸運にも入手することができる方はとても羨ましい…まだ始まってませんが。

落札金を寄付するのではなく、そのお金で被災地の小中学校へ新たにギターを購入する、という趣旨も斉藤和義らしくていいと思います。そう、ワタシも皆もっとギターを弾けばいいと思います。Fなんか最初はできなくてもそのうち何とかなるし。昔ギターを弾いてて、今は押入れの片隅でギターが埃をかぶっちゃってるような人もたまに弾いてみたらいいんですよね。斉藤和義の歌のように「最近忘れてること 何か思い出すかも」しれません。

ワタシが高校生の頃はバンドブームで、石を投げればバンドをやってる人に当たる、というくらいバンドがメジャーでした。時は流れて、あの頃のバンド少年達ももういい年をしたオトナになっているはず。彼らが今も音楽を続けているのかどうかはわかりませんが、音楽の楽しさだけは憶えていてくれるといいなあ、なんて思っています。

なんか話題が違う方向に行ってしまいましたが、斉藤和義のファンの方にはぜひ入札して欲しいですね。

|

« 歯医者2回目 | トップページ | パティスリーイスィのスティックシュー »

音楽」カテゴリの記事

ギター・楽器」カテゴリの記事

欲しいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤和義ギターオークション:

« 歯医者2回目 | トップページ | パティスリーイスィのスティックシュー »