« GIANT KILLING 22巻購入 | トップページ | AppleTVでロードオブザリングをレンタルして観ました »

2012年1月31日 (火)

サイレントギター

このところずっとサイレントギターが欲しいなあと思っています。

サイレントシリーズといえばヤマハのトランペットなどのサイレントブラスが思いつきますが、ギターも存在します。エレキギターの生音くらいの音は鳴るのでもちろん完全な「サイレント」とはなりません。

サイレントギターはヤマハとアリアから発売されています(アリアはシンソニードという商品名です)。
アリアのシンソニードはボディのフレームを完全に外せるので収納がコンパクトなのが魅力ですね。ヘッドレスで取り回しも楽そうです。ペグがボディ側にあるのでチューニングには慣れが必要なのかもしれません。一般的なクリップタイプのチューナーが使えるかどうかも未知数です。

ヤマハのサイレントギターはフレームが外せるのは片側のみで、コンパクトさはシンソニードに劣ります。が、リバーブ2種類にエコー、コーラスの計4種類のエフェクトを備えていたりAUX端子を備えていたり、といった装備面はヤマハの方が充実している印象です。

実勢価格はヤマハが5万5000円前後、アリアはもう少し安いようですね。
価格のアリアかスペックのヤマハか、という感じかなあ。迷ったら高い方、とは尊敬する物欲ブロガー(違)クマデジタルさんの名言ですが、確かにヤマハに惹かれている自分がいます。

ただ、シンソニードは昔山崎まさよしが1度レコーディングで使ってたはずなんですよね。ギターに関してはミーハーなワタシは好きなギタリストと同じギターを使いたがります。もちろん、ヴィンテージはかえませんが。

ちなみにサイレントギターが欲しくなってきたのはアンプに繋げられるアコースティックギターが欲しいという理由からです。Morrisの安いエレアコを持ってるんですが、これは音が余りにピエゾっぽくて萎えるしサザンジャンボにピックアップを取り付けるのも使用頻度を考えるとちょっと気が乗らない。それならいっその事夜にかき鳴らしてもアコギほどの音量にはならないサイレントギターだったらいいかなあ、と。ヘッドフォン以外に簡単にアンプにも繋げられるし。

この薄いボディならコタツの中でギター弾ける、などど考えていたわけではありません、ええ、決して。


|

« GIANT KILLING 22巻購入 | トップページ | AppleTVでロードオブザリングをレンタルして観ました »

ギター・楽器」カテゴリの記事

欲しいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイレントギター:

« GIANT KILLING 22巻購入 | トップページ | AppleTVでロードオブザリングをレンタルして観ました »