« 蕁麻疹になりました | トップページ | BOSS クリップオンチューナー TU-10発表 »

2012年1月27日 (金)

Philipsシェーバー RQ1250 使ってみました

Philipsのシェーバー RQ1250を実際に使ってみました。レビュー、と言えるほどのものではないかもしれませんが使ったみた感想を書いておきたいと思います。それぞれに語ることが大事、なので(ダルマ通信より

電源を入れてまず気付くのはその静音性です。
以前使っていたPanasonicのラムダッシュは、キーンという感じの割と甲高い音で、なおかつ大きめの音でした。それに対してPhilipsは音が低く、音量も小さめ。ラムダッシュだと朝早くに髭を剃るのはちょっと同じ階で寝ている同居の家族に気を使うレベルでしたが、Philipsならそういう必要はなさそうです。バッテリーが切れかかってるのかな、と一瞬不安になるようなレベルです。

続いて剃り味。
深剃りは期待しないほうがいいというレビューが多く、正直期待はしていませんでした。これに関してはその通りで、深剃りに関してはやはりラムダッシュの方が上だと思います。
特に、顎の下から喉にかけての部分は剃り終わった直後でも手で触るとザラッとした感触が強く残りますね。Philipsでの剃り方に慣れていないせいもあるのかもしれませんが、これは少し気になる部分ではあります。あまり人の目に多く触れる箇所ではないのが幸いですが。
ワタシはヒゲを剃る前に蒸しタオルで少し髭を温めてから特にジェルなどを塗らずに剃っているんですが、ちょっとシェービングジェルも試してみようかな、という気になっています。その方がより剃りやすいのかな、と。せっかくウェットシェービングに対応している機種ですし。

そして、肌への優しさ。
これはもう満足です。ラムダッシュはよく剃れるんですが、肌が弱いワタシは剃ってる間からもう肌がヒリヒリするんですよね。土日は髭を剃らないので(注:面倒くさいからではない。あくまで肌を休ませるため)月曜日に2日間肌を休ませたフレッシュな状態(?)で髭を剃って、火曜日になるともう肌がヒリヒリして辛かったんです。Philipsは金曜日でも全く問題ありません。もちろん、購入してからまだ日が浅いこともあるのでこれは要経過観察ですが。

以上、カンタンではありますが購入直後の使い勝手に関してレビューらしきものを。
今のところ満足度は高いですね。深剃りが足りないの点に関しては購入前に納得済みでしたし。充電や他の部分に関してはまた後ほど。

|

« 蕁麻疹になりました | トップページ | BOSS クリップオンチューナー TU-10発表 »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Philipsシェーバー RQ1250 使ってみました:

« 蕁麻疹になりました | トップページ | BOSS クリップオンチューナー TU-10発表 »