« 黒埼SA(上り)ジャンボ油揚げそば | トップページ | Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200-BLK »

2011年12月21日 (水)

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー2012 レビュー第3回目 ワッフルリベンジ編

IMG_5377

今までのレビューはこちら。

レビュー1回目 外観編
レビュー2回目 ワッフル焼いてみた編


前回のワッフルは色々と省いてしまったので、今回はリベンジしてやろうと意気込んで作りました。今回もチャレンジしたのはブリュッセルワッフル。他のレシピは面倒臭そうやはりここはキッチリとリベンジを果たしてから先に進まないとね。

マニュアルに記載されているレシピは以下の通り。(一部改変アリ

1.ボールに奮っておいた粉、砂糖、はちみつ、塩、溶きほぐした卵を入れて泡だて器で混ぜる。

2.牛乳、人肌でイースト菌を加えた牛乳を加え、泡だて器でよく混ぜる。

3.粉っぽさがなくなったら溶かしたバターを流し入れよく混ぜる。

4.ラップをかけて、30度で約40分発酵させる。

5.えぐり込むように焼くべし!


生地は馴染ませる時間を長めに取ったほうが美味しくなるだろう、と思いドライイーストを混ぜる過程以外は前日の夜に済ませておきました。が、ここで一つ疑問が。手順4の発酵のところですが、30度で発酵させる、だと?この時期の家に30度になるところはないのでとりあえず室温で放置しましたが、疑問をつぶやいたところ「オーブンに発酵モードが付いているのでは?」というご指摘をいただきました。あ、なんかそんな機能があったかもと思いマニュアルを見てみたらありました、発酵機能。ただし、設定可能なのは40度…orz
まあ40度でもちょっと時間を短めにすれば大丈夫、という意見の方もいるようなので次回はそれで試してみようと思ってます。生地をどこまで流しこめばいいのか、何分くらい焼けばいいのかも1回目の時に掴めたのでこのあたりは問題なし。そうして出来たのが1枚目の写真のワッフルです。

ああ、明らかに1回目より美味しい!(当たり前
やはりレシピは守らないダメですね…

IMG_5381

そうしてまた半量で作るのを忘れて積み上げられたワッフル達…後ほど美味しくいただきました。冷めたのをトースターで温めても美味しいです。


ちなみにワッフルを焼いてる時のBGMは斉藤和義の「ワッフルワンダフル」がオススメです(そのまま

|

« 黒埼SA(上り)ジャンボ油揚げそば | トップページ | Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200-BLK »

料理・キッチン用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー2012 レビュー第3回目 ワッフルリベンジ編:

« 黒埼SA(上り)ジャンボ油揚げそば | トップページ | Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200-BLK »