« 湯たんぽ活躍中 | トップページ | ひとり股旅スペシャルDVD予約 »

2011年12月 7日 (水)

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー2012 レビュー第2回目 ワッフル焼いてみた編

朝食はワッフル。

レビュー1回目 外観編はこちらからどうぞ。

画像が少なめで申し訳ありませんが、とにかく焼いてみました。
日曜日の朝、レシピは取扱説明書に記載されているものをそのまま…のつもりだったんですが、舞い上がっていて説明書をキチンと読まなかったせいか生地を発酵させるのを忘れていましたorz

説明書には

・ブリュッセルワッフル
・リエージュワッフル
・アメリカンワッフル
・ヨーグルト入りワッフル
・アーモンドワッフル

の5種類のワッフルのレシピが書かれています。一番最初は先頭に書いてあるブリュッセルワッフルを作ってみました。冒頭の写真がそれですね。どのくらいになったら焼き上がり、というタイミングが掴めていないので今見るとちょっと焼き加減がまだ足りない気がします。発酵の過程を省いているので生地も今ひとつでしたが自分の家でワッフルが焼けたという嬉しさのほうがこの時は大きかったです。


お昼もワッフル。表と裏で焼き色が違うのは生地を流し込むのに時間がかかってるからかな。

言い忘れましたがレシピは全て8枚分で記載されているので、一度に二人で全部食べきるのはちょっとキツイ量です。なので当然のごとくこの日は朝食に続き昼食もワッフルに…

電源スイッチ、というものが存在しないためコンセントにプラグを差し込むとすぐに余熱が始まります。5分ほど待って緑色の余熱ランプが点灯すると生地を流しこんでもOKの合図です。かなりの高温になっているため、生地を流し込むのに時間がかかると写真のように表面と裏面でかなり焼き色に差が出ます。

朝からお昼までの数時間で生地が落ち着いたことと、焼き上がりのタイミングを少し掴めたことで朝よりは美味しくなったと思います。この日はまだデジタルクッキングスケールも手元になくて計量にも時間がかかってたし発酵の手順もすっ飛ばすし、で散々でしたね。

続きます!

|

« 湯たんぽ活躍中 | トップページ | ひとり股旅スペシャルDVD予約 »

料理・キッチン用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー2012 レビュー第2回目 ワッフル焼いてみた編:

« 湯たんぽ活躍中 | トップページ | ひとり股旅スペシャルDVD予約 »