« キッチンの止水フタ、検討中 | トップページ | 電気毛布買いました »

2011年12月24日 (土)

ウォーターシャープナー

R0011381.JPG

クリスマスなのでキッチングッズを(意味不明

本当にキチンと包丁を砥ぐのであれば砥石がベストだとは思うんですが、不器用さに定評があるワタシには砥石で包丁を砥ぐのはなかなか難しい事です。一応砥石は持っているんですが、あまりキレイに上手に砥げないのでついつい包丁を砥ぐ事自体が苦痛になりがちで、カンタンに包丁が砥げる一般的なロールシャープナーを使っていました。

でもロールシャープナーだと、刃こぼれした包丁にはあまり効果がないことが多いです。ウチは割と雑に包丁を扱ってしまうことが多く、刃こぼれが絶えないのでちょっと困っていました。
そこで買ったのがこのウォーターシャープナー。
このシャープナーは、荒研ぎ・中研ぎ・仕上研ぎの3種類の砥石がセットされており、荒研ぎを使えば1mmくらいの刃こぼれなら問題なく修正できます。

また、その名が示す通りこのシャープナーは内部に水を入れて使うようになっているのが特徴の一つです。

R0011383.JPG

このようにカバーを開けて、内部に水を入れます。

R0011387.JPG

よく見ると「1」と刻印が。荒研が1で中研が2、仕上げが3になっています。

この手のシャープナーは出刃包丁などの片刃の包丁には使えませんが、ウチは両刃の包丁しかないのでこの点は問題ナシ。構造上、包丁の柄がシャープナーのカバーにぶつかってしまうため柄に近い部分が研ぎにくいんですが、その部分だけはカバーを外して砥いでいます(ちょっと危険ですが…

水を入れて使うからよく砥げるのかどうかは正直なところ体感はできません。ただ、砥石が苦手な方にはで荒研からできることを考えればこの製品はいい選択ではないかと思います。




|

« キッチンの止水フタ、検討中 | トップページ | 電気毛布買いました »

料理・キッチン用品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーターシャープナー:

« キッチンの止水フタ、検討中 | トップページ | 電気毛布買いました »