2017年3月30日 (木)

2018ロシアワールドカップ アジア最終予選 タイ戦(ホーム)

例によってTV観戦です。

最終予選はここまで 試合を消化しました。緒戦のホームゲームで痛い黒星を喫したUAEにアウェーでキッチリと借りを返して、首位のサウジアラビアと勝ち点差なしの得失点差でのグループBの2位につけています。今回のタイ戦はホームゲームなので勝利はもちろんのこと、得失点差を考えてできるだけ多くのゴールを挙げて勝つことがミッション。

スタメンは川島、長友、吉田、森重、酒井宏樹、山口、酒井高徳、原口、香川、久保、岡崎の11人。ボランチは事前の報道で出てた通り酒井高徳で来ましたね。

香川が先制、岡崎・久保・吉田が追加点と得点を取るべき人が取って相手の反撃は0点に抑える。ホームゲームで勝ち点3と得失点差4を獲得。スコアだけ見ると4-0と完勝なんですが、後味が悪いというか内容的には今一つスッキリしない勝ち方でしたね。

理由ははっきりしていて、リードしているにもかかわらず危険なボールの奪われ方をして何度もピンチを招き、それがいつまでたっても修正できないという非常にフラストレーションがたまる展開。前半の最後の方なんてどっちが格上のチームか全くわからない状態で、久保が3点目を取って止めを刺してくれたからよかったようなもののあれで1点取られたらどうなったのか、と考えると少し怖くなりますね。それにしてもホームゲームでタイにシュート数で上回られるってどうなのよ…

タイは自陣に引きこもってカウンター、という勝手な予想をしていましたがその予想は外れました。タイがラインを比較的上げて前がかりでプレッシャーをかけてくるのも驚いたし、あの程度の(失礼)プレッシャーでオタオタしてしまう日本にも驚きました。

今回の連戦では長谷部が直前のケガで招集されず、UAE戦の殊勲者である今野もケガで離脱となってボランチの選手層が危機的状況になっています。ついでに1トップで地位を築きつつあった大迫までケガで離脱。ケガでベストメンバーが組めないのは各国共有の悩みだとは思いますが、ここまでくるとさすがにハリルホジッチ監督じゃなくても不満の一つもも言いたくなりますね。

山口の相棒として起用されたのは所属チームでもボランチを務めた酒井でした。が、この二人の組み合わせではタイが相手でも思うようにビルドアップしゲームをコントロールすることができなかったので、他の組み合わせを試した方がいい気がします。山口はボール奪取がウリのタイプですし、本職のボランチじゃない酒井にそこまで求めるのは酷かもしれませんが。ハリルホジッチ監督はこの二人でもタイなら何とかなると思ったのかなあ。結果論に過ぎませんが、あそこまで酷いのなら、追加招集した遠藤を試すなり中村憲剛や遠藤ヤットを追加招集するのもアリだった気がします。個人的には青山を招集してほしいですが。

交代で本田や清武が入った後は点差もありますが明らかに落ち着きを取り戻しました。やはり前線でボールの落ち着きところがあると違うな、という感じ。大迫の代わりに1トップに起用された岡崎は以前よりは上手くなっているものの基本的にはポストプレイヤーではないですし、そもそもこの日は楔のボール自体がほとんど出てこない。香川もボールを収めるタイプじゃないし、久保も原口も同様。この先発メンバーだとバタバタした展開になるのはある程度は想定できましたが、あの押し込まれっぷりは想像以上でした。


これでサウジがイラクに勝利したものの、4点取った得失点差が効いて日本はようやくグループBの首位に浮上。次は6月13日のアウェーのイラク戦です。その前の6月8日にグループ2位のサウジと3位のオーストラリアが対戦があります。ここからは上位3チームのつぶし合いになりそうですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

ifixitの「Essential Electronics Toolkit」を購入

DSC08906
今頃書いていいますが、買ったのは昨年です。TLで紹介されている記事が流れてきて、思わず衝動買いしてしまいました。


DSC08907

DSC08910
DSC08911


DSC08918

DSC08920
DSC08914
DSC08921
DSC08925
DSC08927
DSC08924
そこかしこにifixitのロゴ入り。芸が細かい。

通常のドライバーだけではなく、トルクスやiPodなどを分解するときに便利そうなヘラまで含まれています。iPod分解用のヘラは以前バラした時に買ってたんですが、プラスチックのヘラは欠けちゃったのでちょうど良かったかも。


DSC08933

蓋は四隅にマグネットが仕込まれていてこれで吸着します。折り曲げるタイプの蓋だとヒンジ部分の耐久性に難があったりするので、これはいい仕組み。


ちなみにビットもマグネットで「スチャッ」という感じで装着されます。結構この感触が好きで、意味もなく付けたり外したりしたくなります。

DSC08932
蓋の内側には碁盤の目状に格子模様が入っていて、どうもバラした際のねじ等を入れておくスペースとして利用できるみたい。でも、これだといかにも他と混ざってしまいそうなので改良の余地がありそう。百均で売ってるマグネットシートを両面テープか何かで張り付けて、マニュアルの手順と一致するように番号でも振ってあげた方がいいと思うんですがそこまでするなら普通にピルケースとか用意した方がいい気も。


某氏もドライバーを買ったようですが、こうした工具を買うと何か分解したくなる、という気持ちは非常によく理解できますね。包丁を買ったら料理したくなるのと同じ理屈でしょうか。ということで、分解できる何か(?)を絶賛募集中ですよ。なお、分解はするけど必ずしも元通りになるとは限らない模様。

愛機MacBook Pro15の内臓SSDの残り容量が心許なくなってきたので、換装を検討しようかなあ。


Essential Electronics Toolkit - iFixit

今回購入したのは上記の「Essential Electronics Toolkit」ですが、その上を行く「Pro Tech Toolkit」もあるようですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

Ankerの防水スピーカー「Anker SoundCore Sport」購入

DSC08994
今頃書いてますが、Amazonで昨年の夏に購入。


お風呂で音楽を聴いたり映画を見たりするのに活躍していたAquaTuneですが、前面のシリコン部分が老朽化で固くなり、ついに割れてしまいました。AquaTuneもビニールなどで応急処置をすれば使えないことはなさそうだけど、そこまでするメリットもあまり感じられないのでここは一つ防水のBluetoothスピーカーを購入することに。

DSC08995
スピーカー上面のスイッチ部。


DSC09000

iPhone7Plusとの大きさ比較。


DSC09001

厚みを比較。


DSC08997

USBとAUXの端子カバー部。


DSC08998

開けるとこんな感じ。カバーは防水だけにややキツめで開ける時に爪が剥がれそうで少し怖い。


DSC08996

ストラップがついていてぶら下げられるのはいいですね。


あと、バッテリー残量がiOSデバイス上で確認できるのも地味に便利。連続再生時間はスペック上は10時間と、ワタシには実用上は十分過ぎます。

実売が3,000円程度とCP抜群。音質はそれなりですが、もともとお風呂で使うのが前提なのでそこまで音質は求めていません。意外とコンパクトなので、出張や旅行に行く際にもこれなら「持っていこう」という気になる大きさです。

で、実際に出張に持っていってホテルで半身浴しつつ、映画やドラマを観るのに使ってみたんですがかなり良好です。出張や旅行の際の荷物の定番になっています。旅先のスピーカーなんて「無いなら無いでなんとかなるもの」という括りに入るであろうモノですが、個人的にはこういうのは「それでも持っていきたい」派なんですよね。荷物が減らないはずだ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

実家用にBIGLOBE SIMを購入

実家(父)にお下がりのiPadとモバイルルーターを渡してから半年以上が経過しました。

IIJのファミリーシェアプランの契約で、ワタシとツマのiPhoneと実家のモバイルルーター、この3枚のSIMで月間10GBを使用できます。

このSIM3枚体制になってからの半年間で月に10GBを使い切ったことは一度もありませんでした。が、12月に差し掛かったあたりから状況が一変します。それまではどんなに多くても1日500MB程度だった使用量が、一気に跳ね上がって1.2GBとか1.5GBを1日で使うように。

使ってもらえるのは嬉しいけど、この使い方が続くとすると今のプランでは足りないかもしれないなあと考え、父はiPadを主に何に使用しているのかを姉にそれとなく確認。姉曰く、「abemaTVで麻雀番組を観てる」とのこと。さもありなん。この使用量だと動画だろうなあ、と思っていたけどabemaTVだったのは少し意外。

なんだか、家の近くに老人が集まって麻雀ができる場所があるらしいんですよね。退職してからそこに時々通っている、という話は聞いていたので納得。あ、お金は賭けていないそうです。もちろん「チョコレートのようなもの」も(笑 公共の場所だから、というのももちろんですが、お金を賭けなくても参加者がみんな十分楽しめているらしい。

そういえばYouTubeとかabemaTVが使用量にカウントされない格安SIMがあったような、と思って検索したらBIGLOBEのエンタメフリーオプションがそうらしい。月6GBまで使用可能なライトSプランにエンタメフリーオプションを付けてあげると月々2500円くらいで環境が良くなります。っていうか、これ以上使うなら素直に固定回線引いた方が割安だよな絶対…

実家に送ったモバイルルーターの「NEC Aterm MR04LN」はSIMが2枚使えるので、これで足りなくなるようならIIJのSIMに切り替えてもらえればいいかな。ちなみに「NEC Aterm MR04LN」はSIMの切替は手動ですが、現在の機種だと自動切換え設定ができるらしい。エンタメフリーオプション以外で6GB使い切ったらIIJのSIMに切り替え、なんてできるんだったらモバイルルーター買い替えてもいいかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

「Anker Astro E7」26800mAhの大容量モバイルバッテリーを購入

しばらくぶりの更新。


DSC08787

Amazonで購入。

普段、新潟で生活している分には移動は車がメインなので充電で困ることはほぼありません。会社の車にはUSBのチャージャーを設置してありますし、自分のレヴォーグにはUSBポートもありますし。

が、首都圏への出張ではそういうわけにもいかず、モバイルバッテリーを持ち歩いています。モバイルバッテリーは既にeneloopを2つ、cheeroダンボーバージョンを2つ所有しています。が、当時よりもスマホがバッテリー食いになってしまいeneloopではかなり心許ないことに。10400mAhのダンボーバッテリーでも先日の出張でちょっと容量に不安を感じたので、買い足ししました。

DSC08788
DSC08789
Ankerらしいシンプルなパッケージング。


DSC08791

カラーはブラックとホワイトの2種類なんですが、黒いひらくPCバッグの内装での視認性を考えてホワイトをチョイス。


DSC08797

横のスイッチを押すとLEDライトが点灯するのは地味に親切ですね。


DSC08798

充電状況は4段階表示。


DSC08801

iPhone6Plusと比較。


DSC08804

ダンボーバッテリーと比較。

何といっても26800mAhというこの大容量からくる安心感は凄いです。iPhone7 Plusのバッテリー容量が2900mAhと言われているので、理論上は9回フル充電できる計算ですね。あと、重さも凄いです。なんと640g!iPhone3台分以上。手に持つと「ズッシリ」とした重みを感じます。軽めの鈍器くらいの重さ、というと伝わるでしょうか。暴漢に襲われてもこれがあれば立ち向かえる気がします(気のせい

実際にこれを携えて出張に2度ほど出掛けましたが、それなりに活躍しています。関東の地理に疎いので、充電手段がない状況でスマホのバッテリーがなくなってきたときの絶望感って筆舌に尽くしがたいものがあるんですが(若干大袈裟)、今後はそういう状況は避けられそう。バッテリーを持っていくのを忘れなければ、ですが…



| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年に購入したもの